カテゴリ:茶畑( 205 )

b0220318_11155033.jpg

お茶調達で
行きたいと思っていたお茶屋さん
田原 河合製茶工場さん

田原は平地のイメージ
運転しながら道路の両サイドは
キャベツやブロッコリー
赤土に揃った緑は綺麗ですが、
チャの木が見当たらない


お茶を購入し、茶畑の事を聞くと
山手を案内してくださいました

傾斜の茶畑を見れると思わず
びっくり
台風による塩害で大変だったようですが
とても綺麗な茶畑
こんな場面を視野に
気持ちが軽くなります!!!


b0220318_11154230.jpg

僅かな時間でしたが
紅茶のお話もお聞きでき
やはりそうだよね、と思えるもの
ありがとうございました


b0220318_11153462.jpg

田原まで来ると異国?な感じ 笑
慌てて出かけカメラを忘れ・・・泣


b0220318_16201474.jpg















[PR]
by nakane-ya | 2018-12-08 23:15 | 茶畑
b0220318_10351069.jpg

日差しが強い!
今回も無防備(これがシミ増な訳)に茶畑へ~



b0220318_10345514.jpg

煎茶だけど手摘みの畑~綺麗で美しい!!!!
だから+愛情熱意等々で数々の受賞歴
2008年は各国首脳に煎茶が振る舞われ
2013年には農林水産祭天皇杯を受賞など
もちろん昨年も今年も受賞だったり
そう、天竜 カネタ太田園さんです!

手揉みでお世話になっているMさんに
案内をして頂きました


お昼近くなってもキラッキラ

b0220318_10350286.jpg

案内上手のMさんには
お茶のことはもちろん、地域の事なども
教えていただき楽しい時間でした
お母様からも
たくさんのお話をお聞きし
太田園さんのお茶がどのように
できあがってきたのか
気持ちのうえで理解できるものが
多くありました

b0220318_10352743.jpg

勾配があるため、距離は短いけれど
一気に登る感じ
眺めも良くて、この日は天竜川や
浜松駅のアクトシティーまで
くっきりと見えました!



本当に楽しい時間で、あっという間
貴重なお話をお聞きすることができ
天竜のお茶、カネタ太田園さんのお茶を
知ることが出来ました
お忙しいところ、ありがとうございました

インストラクター資格を取得した当初、
入札会か何かの会場で
Mさんのおじい様Mさんが
「あんたインストラクターか?」
と、お声を掛けて下さったことを思い出します
ビビりながら「はい」と答え
邪魔扱いされるかと思いきや
「またおいで」
と、言ってくださったこと、嬉しかったな

帰りはKさんに教えていただいていた
お茶の間 のおとさんへ

b0220318_10353605.jpg

よい一日でした














[PR]
by nakane-ya | 2018-11-07 23:34 | 茶畑

キーワード「100」で

b0220318_23320340.jpg

今日は、ここ!
この看板でどっちを向いているのか
分かる人はスゴイ(いや当たり前!?)

関宿

なぜここか
「100」というキーワードで
魅かれたお茶屋さんへ

かねき伊藤彦市商店さん
センスの良い店内
シンプルなパッケージは、
要らないものを削ぎ落とし必要なモノだけにしたら
この形になったそうです
創業は慶応元年(1865)、年月を重ねたからこその
モノの醸し出す色艶は、本当に素敵です


b0220318_23313922.jpg

古物好きにはタマラナイ空間
新しいものと古いものを上手に組み合わせてあり

b0220318_23314706.jpg

お話を聞きながら、お茶を頂くと
すーっと1本、身体のどこかに
入り込むこのお茶

b0220318_23315413.jpg

「百年乃茶」

樹齢100年を越えるチャの木からできたもの
私はこういったお茶が大好きです

このお茶には、かねき伊藤彦市商店さんの
伝えたいものが詰まったお茶
本当に御親切に対応してくださいました
そのひとつに、、、


「茶畑は道から見えますか?」

「見えないんですよ」

う、、、、泣

「あ、午後からちょうど行く用事があるけど
お時間が無いですよね??」

「あります!!!!!邪魔しませんから」
(邪魔にきまってる)



========================

そんなわけで、お約束時間まで
関宿を散策
以前訪れたのはいつだろうか、と考えながら
ここには、私の好きなものがたくさん

b0220318_23353866.jpg

ばったり床几を見つけ
あれ?我が家のヒントは関宿だったか?
と、自分の記憶の無さにびっくり

で、桶屋さんを見たら寄るでしょ、
というより手招きされたから喜んで
(どうやら学芸員と間違えたらしい)

b0220318_23321170.jpg

桶の話はある程度?分かるので(笑)
あれこれとお話し

b0220318_23321878.jpg

父親の作った桶
竹が爆ぜたって持って来たから
直したところって。
墨書き焼印で桶重さんのものとわかる
それを何年経っても桶重さんで
直してもらえる良さ
伝統工芸という言葉を考えさせられるお話

b0220318_23322416.jpg

とても楽しい良い時間でした
Hさん、ありがとうございました

で、桶屋さんでこれを見ると、
やはり我が家のヒントは、ここかもしれない
と、思う雨戸。横ではなく上から

b0220318_23323251.jpg

我が家には、
ばったり床几もどき&上から雨戸的間仕切り
があります。



そして茶畑へ!!!!
絶対に偶然には辿りつけない場所
車を降りて少し歩くと見えてきました!

b0220318_23340100.jpg

つやっつやな子たちが

b0220318_23325951.jpg


b0220318_23331699.jpg

ウキウキ歩いちゃってます



b0220318_23332579.jpg

車の音なんて聞こえない
川の流れる音
自然の者たちがたくさんいて
チャの木も綺麗に管理されていて
背が高い!!!!!!

b0220318_23335093.jpg

もちろんいました、私の好きな石垣っ茶!

b0220318_23330730.jpg

程良く自然に入り込むエネルギーをいただきました
伝えたい、形にしたいなど
思った時から、動き始めた時から
タイミングっていうものがあって
今回、それを再確認することができました
良い時間を過ごしました

かねき伊藤彦市商店さん
突然にもかかわらず、またお忙しいところ
本当にありがとうございました
嬉しすぎる対応に感謝いたします。

「百年乃茶」
この先、更にいろんな方々へ届くと思います


b0220318_23333535.jpg

このチャの木の美しさ、美味しさ
それを分かる人たちはたくさんいます!















[PR]
by nakane-ya | 2018-10-03 23:31 | 茶畑

ちょっとずつ

b0220318_00593017.jpg


成長は遅いけれど
葉が一枚も無くなって
もうダメかと思ったけれど
それでもここまで大きくなりました


b0220318_00593699.jpg

実生畑から北畑に移して、
この夏の凄まじい環境にも耐え
しっかりしてきました
枯れなくて良かった

超自然に、ちょっとずつ














[PR]
by nakane-ya | 2018-09-24 23:58 | 茶畑
b0220318_07340749.jpg

急遽!?行ってきました、上石津町!!

平塚香貴園さんへ
「暑くて草取り出来てないけど、写真撮ってもいいよって」
ありがとうございます!!!

私の車ナンバーを見てから
急に接点が!!!!!
点と点が、いくつもあって
おもしろい具合、思い出話のよう 笑
楽しい時間を過ごさせて頂きました
とても丁寧に対応してくださり、
また、お茶作りはもちろんですが
細かな部分まで考えている感じが、とても素敵

かぶせ茶を使用した あられは
高山のお米のみを使用し、表現にもひと工夫
醤油を薄く、お茶の色や味を強調
口に入れたとたんお茶風味~

平塚さん、ありがとうございました!
(広報見ました!素敵な場面ですね)

b0220318_07341728.jpg

上石津町のお茶は文献からすると奈良時代
町のあちこちにチャの木がありました



法面(ほぼ直角)、
刈り込まれるからこその美しさ

b0220318_07344286.jpg

踏まれそうで、踏まれない

b0220318_07343483.jpg

目的地を通り過ぎたら視野にこの子
お寺の石垣から

b0220318_07345050.jpg

普通の畑にも数本、神社にもありました
昔は畦畔茶で、新芽を製茶したり買付もあったかな
と、町の方に教えていただきました

それから、もったいない!!この茶畑
以前は活用していたとのこと
過疎化問題もあるらしい


b0220318_07345713.jpg

まだまだ暑いけど、周囲はすっかり秋の風景かな
資料館の方も、とっても親切で
今回は資料という意識がなかったのですが
嬉しかったです、ありがとうございました!

急遽でしたが、せわしい感覚はなく
心なごむ場所や人に感謝です

b0220318_07342635.jpg

















[PR]
by nakane-ya | 2018-08-30 23:41 | 茶畑
b0220318_00161372.jpg

なんて幸運!
遅刻せずに行くことが出来ました!!
豊橋 ごとう製茶さん!!!

風に揺られて葉裏が、かーわーいーいー

b0220318_00162151.jpg


b0220318_00170233.jpg

今回は、紅茶作り体験
Oさんにお誘いいただき参加!!
だから周囲は紅茶寄りの方々
だから新鮮で言葉も紅茶寄り
だから、おもしろい!!!
伝えるお仕事をされてる方が
半分もいらっしゃってビックリ
緑茶に興味のある方もおみえになり嬉しい限り
で、地元話もできるご近所さんまで 笑 



b0220318_00163488.jpg

出来上がった紅茶を試飲
産毛ちゃんもいるいる

やはり、それぞれに違う

紅茶作りをして思うことは
香りを出すって、全然未知
もちろん、全部難しいのだけれど
あの香りはどうやって出来るのか
後藤家ならでは!? あの潤さんの手か!!!




お昼は、お楽しみのこれ
お茶メニュー
相変わらずの癒される美味しさ!!
ハーブも充実!!!


b0220318_00165198.jpg


Oさん、色々とありがとうございました
お蔭で良い時間を過ごせました
3年前この繋がりを想像していなかったので
嬉しいです。(Tさん、ありがとう!)

御一緒させて頂きました皆さま
ありがとうございました
またお会いできることを楽しみにしています
時間作って、あのお店とあのお店に行きたい!

そして、ごとう製茶
後藤さん、紀生子さん、潤さん
お世話になりました
ありがとうございました
今回も後藤家パワーをいただきました!!!
これで、がんばれます!!!!















[PR]
by nakane-ya | 2018-08-25 23:14 | 茶畑

癒され、考える

b0220318_08083684.jpg

つやつやに出てきた紫芽


b0220318_08084563.jpg

雨降って、
イキイキする実生ちゃんに癒される
北畑のチャの木は本当に目を覆いたくなる 泣


b0220318_08085356.jpg

我が家では珍しいこれ系、何を訴えてるのか


b0220318_08090476.jpg

折れてしまった芽は、西尾へ一緒にドライブ
萎れる姿もカワイイ






===============================


ひとつずつ













[PR]
by nakane-ya | 2018-08-16 23:08 | 茶畑

成長!

b0220318_18524832.jpg


この子たち育ったなーー
1ヶ月が過ぎ、どんどん成長する実生ちゃん
育っちゃって、わさわさ

この暑さにも負けず
というか、この子たちはやや過保護??
(北側の畑の子たちは、過酷な環境のためヤバい状態)
場所的にも日照時間が短く少し寒冷紗、
腐葉土的、夜の散水


で、まさかの


b0220318_18531993.jpg

また、この狭い範囲から2つ出てきた!!!!
おそるべし、宇治DNAを持つ子たち
この気候で心配だけれど
元気に出てきてくれたので
大切に育てたいと思います!
その奥に出てきているのは、
チャの木か?
スギナか??
きっとチャの木 笑

せますぎ












[PR]
by nakane-ya | 2018-08-05 23:55 | 茶畑
長野でお茶旅、次は北部「飯綱町」へ

恩師住む町
「来る時は案内するから連絡を」
と言われていても
突撃なので向かう途中にメールするという
とっても失礼な教え子

============================

以前の電話で、ないと思いながら
私「先生んとこ周辺、チャの木ある?」
先生「それがあるんだわ、江戸時代からの」

えっ???びっくり

============================

長野県、お茶のイメージは全くない
しかも、かなりの雪が積もるこの地域
どんな???
どうぜ車を走らせるならと行ってみました
見れるかどうかわからない・・・
時間も微妙・・・
少々焦りながら探すと、ありました!
見逃しそうでしたが、茶の文字には敏感なので
「願法寺茶垣参道」

b0220318_04122668.jpg

歩いて行くと想像以上に綺麗な葉がありました

b0220318_04072218.jpg



b0220318_04071409.jpg

なかには、こんな子も!

b0220318_04074207.jpg



b0220318_04075265.jpg



b0220318_04075972.jpg

江戸時代、宇治から種を持って来たそう
「うずまき状にね」と教えて下さいました
(初めて聞く、渦巻き状!)

実際に実生の根を見せてくれようとしたら
大きなものが抜けちゃいました 笑

b0220318_04073304.jpg

御相手してくださったのは、坊守Tさん
Tさんは願法寺に伝わる絵解きを継承される凄い方
絵解きは、飯綱町の無形文化財にも指定されています
そんな方とお茶の話、楽しいに決まってる

願法寺は800年の歴史を持つお寺
飯綱町で400年(1615年)
出開帳をして全国を巡り
その際、宇治より種を持ち帰り、
またその後は
参道のチャの木で作った煎茶を配ったとか

定期にしか撞かない梵鐘も
撞かせていただきました
(中途半端な時間に鳴り響いていますが、いいんですかーーーと思いながら)
音の余韻、回る音に不思議な感覚

「次は先生とおいで」ってTさん
Tさんの絵解きも生で聞いてみたい
そして、あれも見たい!!!!!
先生、よろしくーーーー

素敵な時間に、ただただ感謝
願法寺Tさんお忙しいところ
本当にありがとうございました















[PR]
by nakane-ya | 2018-07-05 23:06 | 茶畑

どうせ車を走らせるなら

b0220318_07595423.jpg

このペットボトルのラベルで
何町のものか分かる人は凄い!
 
花馬、ミツバツツジ、桃介橋
「だにぃ~」という言葉

そう!南木曽町
岐阜県との境、長野県南木曽町にも
なんと茶畑があります。
なんとなく文字では知っていたものの
実際に訪れたことはなかったのですが
どうせ車を走らせるのならと
行ってみました
19号線は、私のなかでスノボーロード
お茶のイメージは全く
もちろん、知人などいないので突撃です
(出かけようと決めたのも前夜仕事後、連絡はどこにもできない)

道の駅で商品を確認し、JAに連絡
「担当者不在なので茶畑見るくらいなら
現地へ行ってもらっても・・・」

というわけで、

b0220318_08115487.jpg

道の駅から、この向う側へ
すぐに小さな茶畑を見つけましたが
人が全く・・・誰もいない・・・

チャの木は見るけど、人がいない・・・


b0220318_07591066.jpg

チャの木は、こんな感じで生け垣だったり
畑の入口に少々植わっていたり、茶畑だったり
でも、人に会わない・・・

しかし、今日の私は何故か
ハズレはない!というオカシナ勘が



!!!!!!!!!!!!!




とても親切な方にお話をお伺いすることができ
そしてなんと
お昼というタイミングもあってか
作業場から女性が出てきて
社長を呼んでくださいました!
その方は協議会の会長さまで
この地域でつくるお茶の話を教えてくださいました
奥様もおみえになり
商品外装だけでは知ることのできないお話
貴重なお茶、キュウリも!

南木曽町田立
今回の場所だけではなく
山の方にも茶畑があるようです

お会いする方々は本当に親切で
この暑い日にも関わらず
お話をしてくださり
私の記憶に残るお茶と巡り合うことが出来ました



b0220318_07592929.jpg

この季節、やはり工場は動いていませんでしたが
茶畑にはイキイキした葉が!

b0220318_08002762.jpg



b0220318_08000574.jpg

ステキ過ぎるお茶たち、環境に
写真を撮らずにいられない!
(掲載許可も、しっかりいただいています!笑)

b0220318_08114472.jpg

あまり雪は積らないそう
木曽川がすぐ下に流れるため
お茶を栽培するために適した条件としての霧
そして田立のお茶は一番茶のみで
しかも!!!手摘み!!!!!!


b0220318_07594660.jpg

b0220318_07593679.jpg


b0220318_07592127.jpg

電車が一時間に1本あるかないかの駅
その向こうに茶畑
その向こうに道の駅
この場所から道の駅をを眺めることが出来るとは


とっっっても充実の時間
田立の皆様、本当にありがとうございました
南木曽のお茶は、JAや道の駅で購入できます
木曽方面へ行かれる方はぜひ
本当に良い場所、素敵な方々でした


桃介橋もカッコ良すぎ!
ミツバツツジ咲く頃、ねらおっかな














[PR]
by nakane-ya | 2018-07-04 23:58 | 茶畑