<   2017年 11月 ( 24 )   > この月の画像一覧

ちょっと振り返り

b0220318_09325048.jpg

お茶の花

弱々しくなってはきているものの
6月に切った枝から咲いたもの

ほとんどの葉は落ちてしまったけれど
枝ぶりが良くて土に戻せず

すごいよね


我が庭の茶の木は、まだまだ花が咲いています。
やや色は薄いけど。
乾燥花も出来ました!

あっという間に過ぎてしまった11月


12月はあの課題をどうするか
楽しみながら 笑














[PR]
by nakane-ya | 2017-11-30 23:32 | その他

紅×紅

b0220318_08384826.jpg

今年は暖かい日だな~と思いながら
ゼイゼイ入りの足助

しかし、予想外の雨、しかも結構な降り方
でもその後は雨も止み
足助屋敷らしい?風景に。
そして皆さんの傘が、紅葉模様になったりで
とても癒される環境



ポットから注ぐ紅茶の水色は本当に綺麗でした
何人もの方々に色、香りがいいねと。

b0220318_08390421.jpg

お店の方々やお客様とのお話も
お茶の話から、人生勉強も!笑
また、行も帰りも
若男子に助けられる日でもありました
若女子の緑茶デビューは、グレーブフルーツ緑茶
もう一人の若女子は、マイ急須が欲しい様子
今回は、若者の言動に感心歓心

普段と違う環境から、学ぶことの多い一日でした

足助屋敷の皆様、今年もありがとうございました
香嵐渓、紅葉最終ですが
まだまだその魅力はあり、
ライトアップされた木々の紅さは納得の存在感でした


==============================

Nさん!全く気付きませんでした
手を振りかえしたかったです 笑










[PR]
by nakane-ya | 2017-11-29 23:37 | その他
b0220318_20150113.jpg

豊田中日文化センター講座

今日は、晴れて暖かくて最高のお茶日和
そして
何といっても喜楽亭がオレンジに囲まれている!
落ちている葉も多いのですが
喜楽亭という雰囲気ある建物と紅葉で、
何とも言えない贅沢な会場

急激に寒くなり
11月末の「秋のお茶」テーマは
やはり遅すぎたかと思っていましたが
今日の気温とこの環境は
秋のお茶が最高に似合うものでした

皆様、今月もありがとうございました
来月からは、きっと古民家寒いです 笑
でも、どうぞよろしくお願い致します


=========================

講座前の自分時間

b0220318_20160721.jpg


b0220318_20162589.jpg

ほんと、いい場所だよね

明日は、どんな紅葉が見れるのかな











[PR]
by nakane-ya | 2017-11-28 23:13 | 講座

オレンジ・ペコーさんへ

名古屋市のオレンジ・ペコーさんへ
何度目の正直か!というくらい
何の情報も入れずして行くもんだから
思いつきでお店に行くと
閉まっている・・・笑

こちらは、豊田市小渡でのイベントでお世話になっている
表現家リエさんのお友達の店

学生時に紅茶の店を!と宣言し
社会人になり勉強と経験を重ねオープン
今月11月は、ちょうどオープン3周年だそう

b0220318_08055454.jpg


ウバ(アイスレビィ茶園)クオリティをいただきました
(それにしても遊びの無い、つまらん写真)
(お店の良さが全く出ていない・・・)
(Aさん、すみません)
すっとした安心できる香味で
でも、癒されまくらず 笑
店主Aさんのお話を聞きながら
前向きになれるヤル気UPな紅茶

お茶請けも、美味しかったです


良いこだわりを持つ、Aさんとスタッフさん
やっぱりお店を持つ人の
バシッと入る一筋は、聞いていて気持ちがいいな

国産紅茶も視野に入れているというので
今後も楽しみです!

Aさん、スタッフさん、そして、リエさん
ありがとうございました
今後ともよろしくお願い致します













[PR]
by nakane-ya | 2017-11-27 23:11 | カフェ

八木信樹 陶展

b0220318_12153195.jpg

常滑 ほたる子さんにて

八木信樹 陶展


繊細な陶器
ここまで、薄く作る陶器に
以前から興味があって

八木さんとは、
3年前の急須の里めぐり繋がり
忙しくても必ず立ち寄ってくださり
相席くださる方にも
丁寧に焼き物についてお話しする
とても真っ直ぐな方です
でもって、ナイスボイス 笑

急須、湯冷まし、湯呑、皿など
センス良く並べられた、幾種類もの器


DMが急須だったので
今回、御自身の中の一番は
急須かと思いきや
茶碗と写真の湯冷ましだそう


b0220318_12154292.jpg

湯冷ましだけでなく、
いろんな使い方が出来そうな器

なんとなく形になったという器ではなく
実用性、使う人、色んなことを考え
作り上げられたもの


八木さん自らお茶を淹れてくださいました

b0220318_12150796.jpg


偶然にも、急須の里めぐりつながりで
釜我ご夫妻と一緒になりました 笑
独特なおふたり 笑
今後の展開を楽しみにしています!

b0220318_12145258.jpg


とても良い刺激をいただきました
やはり、こういった個展は
作り手自らの説明があるとないとでは
全く違います。
やっと八木さんの器を八木さんから御説明いただき
見た目、重量は繊細だけれど
目には見えない
ずっしり中身ある器となりました


今回の八木さんの個展は最終日でしたが
毎年11月
常滑 ほたる子さんにて開催されます
もちろん、その他の場所でも
開催されていますので
ぜひ、八木さんの
nice voice de 陶器トークを! 笑


八木さん、おじゃましました
ありがとうございました!




















[PR]
by nakane-ya | 2017-11-26 23:14 | その他

朝の茶碗

b0220318_11380753.jpg

娘と朝食時に使用しているこの茶碗

10年以上前に骨董屋さんで
5客1000円くらいで購入したもの

イミが入ったもの、2客は割れてしまい
そのうち継ごうと思いながら


先日、近くのお茶屋さんへ行くと
全く同じ茶碗が5客ありました
10年以上経って、
どこの誰の茶碗なのか分かりました

 横井米禽 作

だからといって
特別に使用するとかではないけれど
銀継ぎして使おうと思います



相変わらず、
朝一番は、この茶碗で濃い緑茶を一煎
急須は、ここんとこ常滑 伊藤君のもの
そして、一煎だしの葉を待つ娘
急須から茶葉の行く先は、納豆 
で、パンです 笑

















[PR]
by nakane-ya | 2017-11-25 23:37 | その他

お茶研究会 (21)

b0220318_08593213.jpg

お茶研究会で常滑へ
もちろん、Aさんコーディネート
午前は、一心窯さん
鋳込みと轆轤で急須などを作って見えます
今回は、鋳込みの手順などを
とても丁寧に、ひとつひとつ
教えていただきました

b0220318_08594300.jpg

鋳込み=簡単作業
ではなく、想像以上に手間のかかるもので
何度見ても、驚くことばかり



なんの作業かわからない写真だけれど
この一つで、びっくるするほど丈夫になる

土平さんとは、急須の里めぐり以来で
どんな急須づくりなのか
その時は、お話も出来なかったので
とても良い時間を過ごせました
化粧土のようなもの(私には説明できません)を
研究されてきたそうで
今回も、チャラ掛けについて教えていただき
とてもすっきりしました!笑
急須底部分の疑問もクリアに!!

一心窯さんの茶器は、知らないうちに
さわってるに違いない
散歩道には、ギャラリーがあるので
今度はそちらに行ってみようと思います




そして午後からは、仁さんの工房へ

轆轤での急須作りを見せていただきました
あっという間に出来てしまう・・・

胴体、蓋、その次は
この形成から・・・

b0220318_09000422.jpg


b0220318_09001363.jpg

口の部分です


最後は持ち手

b0220318_09003325.jpg

見ていて気持ちがいいです

この後も、仁さんの藻掛けの湯呑で
奥様に淹れていただいたお茶を頂きながら
常滑焼の技法などについて
丁寧に御説明いただきました

笑いを交えながらの仁さんトーク術
焼き物に興味の無い方でも
きっと引き込まれてしまう


仁さんのところには、古い物があり
古物好きの私には
器と古物で癒されまくり
ただ、仁さんの古物は
器を作るときの道具にもするとかで
私のただただ好きとは、大違い
スゴイ

この他にも、茶杓や茶合なども
見せていただき楽しい時間でした

土平さん、仁さん・奥様
本当にありがとうございました
一日があっという間です
皆様、そしてAさん、お世話になりました
少しずつ、少しずつ常滑焼吸収 笑



やっぱり、そうだなと思う事
色々と考え、時間を大切に使いたいと思います













[PR]
by nakane-ya | 2017-11-24 23:55 | その他
b0220318_07565042.jpg

「KiTARA」オープンに合わせて
「あそべえるとよた4DAYS」

着物、生け花、書、など
さまざまな催し物のなか
能楽堂にて「豊田の昔のお茶」をテーマに
展示紹介と呈茶をさせていただきました
呈茶は「桶茶」

8階にもかかわらず
お越しくださいました皆様
ありがとうございました

庶民のお茶なのですが、
能楽堂と言う場所と空気で
優雅に過ごすことが出来ました

市長をはじめ、
桶茶を噂では聞いていたという方
初めて飲んだ、
豊田には知らないお茶文化が
こんなにもあるんだね等、
色んなお声をいただき、
また貴重なお話も伺うことが出来ました

「字」もお褒めいただき
本当に欲しいから!と、撤収時間に合わせて
お越しくださり、展示物1枚を
お持ち帰りくださった方も 笑
(いったい、どうするのでしょうか)



今回も色々な方々にお会いできました
昔では、当たり前のことが
今では当たり前でなくなっています
昔のお茶はとても良いもので
昔のものを再現するとか
そっくりそのままなんて
とても無理な話で、でも
全く無くなっていくものにはしたくない
「素敵なもの」を持つお茶です

今回もお世話になりました
豊田市、能楽堂、関係者の皆様
お手伝いくださいましたお二人さま!
本当にありがとうございました

Fさんにも、やっと飲んで戴けて良かった 笑













[PR]
by nakane-ya | 2017-11-23 23:55 | 桶茶(振り茶)

b0220318_09183086.jpg

みよし市生涯学習講座
「たかが、されど、男のお茶淹れ」

男性の渋さ甘さは、
持って生まれたものと人生経験でしょうか?

お茶の渋さ甘さは、
湯温と育て方の違いで変わってくることを
体験していただきました
こればっかりではありませんが
自分の好きな香味路線を
知っていただき、その先に繋げてもらえたら

来月、12月で寒いけど
玉露のお声があったので。
 
今回もありがとうございました
来月もどうぞよろしくお願い致します


===========================


それにしても、男性の大きな手で持つ
急須の安定感は
見ていて「いいものだなぁ」と
改めて思います

急須男子という若手イメージではない
(敢えて言っときます)
緑茶紳士を!!!!!!
昭和初期の縁側で男性が、小さな急須で
玉露や上質な煎茶少量を皆に・・・
そんなところを求めてはいませんが
でも、もったいないと思うのは
私だけでしょうか
かっこいい方々が揃っているんですけど


============================



なぜか、あーとかうーとか思う今日
本気(マジ)で思うものが
あるような
何なんでしょう、このこれは。













[PR]
by nakane-ya | 2017-11-21 23:17 | 講座
b0220318_20132665.jpg

瀬戸中日文化センター講座



「自宅で淹れるお茶は、どうしても美味しくないの」

「お客様が来られた時に、ささっと、淹れたいの」

次回で最終回のこの講座
だから、
マイスプーン御持参で徹底的に計量から 笑
この他にも
私が嬉しくなるようなことを徹底的に!?



そして、今年の11月は冷える
こんなに寒くなるとは思っていなかったので
カリキュラム組んじゃったけどさーーー
玉露
暖房は、ビル全体管理でつかえないし
もーーー、美味しさ半減
でも、湯温での美味しさ実感 笑


今月もありがとうございました
来月も、どうぞよろしくお願い致します


















[PR]
by nakane-ya | 2017-11-20 23:00 | 講座