<   2016年 07月 ( 17 )   > この月の画像一覧

作手にて紅茶作り体験

b0220318_11311697.jpg
新城市癒し系Aさんより「来い!」「良かったら娘さんといかがですか?」と連絡をいただき、夏休みの自由研究は「お茶にする!」と何ヶ月も前から張り切っていた娘だったので、ちょうどいい機会だと思い、新城市作手にて行われた新城紅茶研究会による紅茶作りに参加してきました。
b0220318_11315433.jpg
メモをしながら、紅茶作りに励む娘・・・
時々農家さんに質問するのですが、
トンチンカンな質問に頭を抱える方も(すみません)
b0220318_11320992.jpg
「お茶星人もやってきたよー」と
邪魔をする母。
母は完全にOFFモード、のん気です。
b0220318_11322535.jpg
b0220318_11323830.jpg
紅茶作りの他にも、子供喜ぶ内容が盛りだくさん。
女子には嬉しい安樹さんによるお菓子作りも。

暑いなか、汗だくで準備される皆さま、
ありがとうございました。

ゆるモードな私でしたが大きな収穫有り!?
Aさん、お声掛けいただき有難うございました!
会場にあった昔の写真には、
参加された方や御兄弟の写真があり、
和むお話もできました。
鈴木製茶 鈴木さんの学生時の顔は、
やはり克也さんと同じ顔~~笑

娘も満足な一日でした。



だから頼む、
自由研究は一人で完成させてくれ!
母は手助け一切しない!!!!
b0220318_11570667.jpg
どうか、家庭科にならないで。












[PR]
by nakane-ya | 2016-07-31 23:26 | 茶畑

熱い思いを語る時・・・

b0220318_18543339.jpg
夏の稲武と言えば、
私の中では、やっぱりこれ!

ブルーベリーのこみち さん
「ブルーベリースムージー」

これがあれば、
どんな夏の暑さにも、
どれだけ疲れていても、
かなり病んでいても(笑)、
元気になります。
本当なんです。

今日はこの後の桶茶会議??に向けて
気合い入れのために。笑
b0220318_19004971.jpg
今年も素敵なお茶に仕上がってきました!
ありがとうございます!!
そして
稲武大野瀬梨野の皆様とMさんと、
今後の桶茶について話し合い。
やっぱり涙が溢れてしまいます。
勝手に一人で桶茶復活と言い始めて4年目、
その間、色んな人に出会い、
たくさんの温かい言葉や気持ちなど
ひと言では言いあらわすことのできない
いろんなものを頂いています。
だから、桶茶に対しての思いを語ろうとすると
どうしても溢れてしまいます。
(涙を止めるスイッチを教えてください)

稲武の皆様、いつも
本当にありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。













お茶の品質も大切だけれど、
でも私は、その周囲にあるものも
同じように大切だと思います。













[PR]
by nakane-ya | 2016-07-30 22:52 | 桶茶(振り茶)

壽眉とoo友さん

b0220318_14491187.jpg
中国茶 白茶「壽眉」

昨日は、昨年の上海講座でお世話になった皆様と送別会持ち寄り茶会。上海の生活に戻るoo友さんから戴いたお茶です。この手のお茶は本当に久しぶり。
b0220318_14550642.jpg
そそられる外観。摘み採りの関係で、産毛がたくさんではないのですが、なかにはモサモサの産毛ちゃんも。
b0220318_14555436.jpg
上海講座では皆様に大変お世話になりましたが、oo友さんが居てくれたことがどれだけ私の中で心強かっただろうか。帰りの空港で目標ができたという彼女とは、今後も色々と話してお互いに頑張っていけたらと思っていたのですが、あっと言う間に月日は過ぎ、彼女は明後日上海へ。控えめだけど、持っているものは凄く、南瓜の種などを語る彼女の可愛らしさは、見ている私が楽しくなってきます。種を割って中の実を食べる選手権があったら優勝すると言ってたかな(笑)、因みに私は落花生割り選手権があったら絶対に優勝します(笑)そんな話をしたことを思い出しながら、今日はこの壽眉と共に過ごしたいと思います。はっきり言って飲みにくいけれど、皆様と上海で購入したTB茶ドリンクテイクアウト用ボトルで戴きます。上海で目標に向かって頑張って欲しいと思います。手作りの中国仕様コースター、大切に使います!
b0220318_15104874.jpg
久しぶりの感覚。香港で飲茶したくなってきたけど無理だから、海老蒸し餃子でも作ろかな。











[PR]
by nakane-ya | 2016-07-29 15:38 | その他
b0220318_09254905.jpg
豊田中日文化センター講座

雨降るなか、趣のある建物で
喫するお茶を。

ここに参加くださる皆様は、
お茶とその周りにある器や添え物、
そして時間を上手に楽しんで下さる方々が多くいらっしゃいます。
そんな皆様と一緒に過ごす時間は、
私自身がワクワクしながらも、
心落ち着かせることのできる、
何かを頂いています。
b0220318_09261533.jpg
お茶を急須を楽しんで下さる皆様、
ブログを覗いて下さる皆様、
ご心配くださる方々、
本当にありがとうございます。
来月もどうぞよろしくお願い致します。
b0220318_09260353.jpg











[PR]
by nakane-ya | 2016-07-28 10:04 | 講座
b0220318_20062676.jpg
南大高中日文化センター講座のご案内です。
暮らしのなかに、素敵なお茶の時間を作ってみてはいかがでしょうか。


暮らしに素敵な日本茶を!
毎月第3金曜日
13:30~15:00

8月19日
「急須の大きさで何が変わる!?」
適した茶器・適さない茶器の違い、大人数の淹れ方

9月16日
「品種茶を楽しもう!」
特徴ある品種茶を知り、淹れ楽しむ

10月21日
「品評会のお茶を知っていますか」
味の広がりを感じる品評会出品茶を淹れ、楽しむ

お申込み・お問合せは、南大高中日文化センターさんまでお願いいたします。
会場でお会いできることを楽しみにしています!
どうぞよろしくお願いいたします。









[PR]
by nakane-ya | 2016-07-19 20:24 | 講座
b0220318_19513100.jpg
今日は、飲み会!


な、わけないのだけれど。

冷茶をテーマに。
湯温の違いも体感していただきました。
冷水の1煎目は見事に旨味甘味のみを。
低温の4煎目は見事に苦味のみを。
(これ特に凄かった!上手)
また、茶葉量は同じで香味がどれだけ違うのか
高温で淹れると
見事に全てが溶け出す・・・
「これ、同じお茶?」
「一種類のお茶がここまで味が違うとは・・・」
そして、
「湯温で自分の好みの味に合わせるんですね」
受講者さんからの言葉。
100%合わせることは
難しいことなのかもしれませんが
とても心に響くものがありました。
何かたくさん、
心に舞い込んだ感じがしました。



太陽ギラつく日々、雑になりがちですが、
受講者さんの言葉に
今日はとても繊細でいられます。
こんな日は絵でも描きたい気分です。
そんな腕はないのだけれど、
木炭でお茶の幹を描きたい。
きっと別のことに追われて
描けないだろうけれど。笑

皆さま、今月もありがとうございました。
b0220318_19514263.jpg












[PR]
by nakane-ya | 2016-07-18 21:10 | 講座

足助屋敷の紅茶セット!

三州足助屋敷さんへ納品に伺うと、
スタッフIさんが
「紅茶セットできたよ~」って。
なので早速注文!!
b0220318_12000566.jpg
ステキ!!!!!
何が素敵かと言うと、先ずはポットの蓋
b0220318_12002042.jpg
足助屋敷職人木地屋さんの仕事
もちろん、盆もです。
そして、ポットの持ち手
b0220318_12003301.jpg
これは、竹かご屋さんの仕事。
b0220318_12005079.jpg
実は、このポット、その昔流行ったもので、
足助屋敷さんが使用していたもの。
今回、紅茶セットをメニューに加えるにあたり
このポットを使用すると見せていただいた時
あまりにも残念さを感じさせるので
「できれば、どんなものでもよいので
足助屋敷さんの仕事で持ち手を作って欲しい」
と、お願いしておきました。
カップに関しても、
ある程度意見をお伝えし、
様々な条件を見事クリアした
スタッフIさん探し当てたもの。
Iさんが「カップ、いいのがあったの~」
って言いながらの頷きは
とても自信ありで(笑)
何故か私が色んな意味で嬉しくなった瞬間!
マットも手仕事で作ってくれている方の物だとか。
これこそ、足助屋敷紅茶セットです。
beforeを見せたいくらい素敵なセットになりました!

たっぷり2杯分の山そだち紅茶セット
お菓子はクラブハリエさん監修
スマイルレシピさんのショートブレッド!
5種から選ぶのですが、
今回はプレーンで。
これがまた発酵バターの味わいと塩の程よさ。
厚みも薄いためか
口の中でモサつきません!
山そだち紅茶との相性も良いです!!

皆様もぜひ、足助屋敷 堅香子さんへ。
私のお勧めの席は、やはり外の川沿い。
暑くても寒くても(笑)
スタッフIさんから、
「自分の好きな本を持って、紅茶を飲みながらゆっくしりと過ごしてほしい」
本当にその通りだと思います。
川の流れる音に周囲の緑。
牛の鳴き声(笑)
冬は冬で乾燥した空気と、薪の香りが漂うなかで
温かい紅茶を。
(紅葉まつり期間などはメニューから外されます)
b0220318_12010963.jpg
そして外席で最もお勧めしたいポイントが
目の前にはお茶の木~~~~
やっぱりこれがないとね!
下を覗くと実生ちゃんもたくさんいますよ。笑
b0220318_12012669.jpg
Iさん、ありがとうございました。
かなりテンション上がりまくった私を見られました(汗)
そしてEさん、今回お会いできず残念でしたが、
本当にありがとうございます!
桶屋Tさん、ちゃんと味わってみてくださいね。
そして、冬場は冷めやすいので、是非とも
ポットを桶で温められるよう考えて下さい!!!願











[PR]
by nakane-ya | 2016-07-17 12:47 | カフェ
b0220318_19043939.jpg
樹齢400年以上のスギの根本近くの肌
素敵すぎます。
こんなの見ながらぼーっと考えたい。

なんて、
今日の私はメラメラと燃えています!
どこにぶつけていいのか
このみなぎる桶茶パワーを!?!!!?!

ということで、
桶茶用茶葉作りで県境、
豊田市稲武地区大野瀬梨野です。
b0220318_19050840.jpg
4年目。はやい・・・
今年もこの景色を見ることができ、
梨野の皆様には本当に感謝いたします。
ありがとうございます。

そしてビックリなこと。
畑と集会所を行き来していると
向うからSGさんと女性二人。
すると一人の方が私を見て
「あれ?」
なんと先日の東邦ガス講座に参加くださった方!
しかもSGさんのお姉さんだったとは!!!
ビックリでビックリで。
何だかとっても嬉しい瞬間でした。
b0220318_19045560.jpg


焦っているわけでもないのだけれど
今年のデカスは、稲武のお茶をテーマに。
しかし何故か会場が稲武ではない。。。
自分で決めたのだけれど
何だか今だにしっくりこない。
稲武は遠いと以前より皆様の御意見。
(私的には1時間半はすぐなんですけどね)
なので、稲武ではなく別場所で。

でもしかし、でもしかしで。
やっぱり思ったことは、とりあえず。
がんばってみようと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
b0220318_19063590.jpg
大野瀬神社 樹齢400年以上のスギ2本
なにか私に!!!!笑











[PR]
by nakane-ya | 2016-07-16 20:08 | 桶茶(振り茶)
b0220318_21261636.jpg
南大高中日文化センター講座

お茶の色&冷茶
今月もありがとうございました!

Tさん、
貴重な御意見をありがとうございます。
何かとっても、
うわぁーープレッシャー??笑
少し考えて組み込んでみますね。

皆様、来月からも
どうぞよろしくお願い致します。

南大高スタッフの皆様、
いつも本当にありがとうございます!










[PR]
by nakane-ya | 2016-07-15 21:40 | 講座

たくさん、我が家に!

b0220318_16372487.jpg
なんで、こんなに可愛いのかな
我が家に、たくさんの実生ちゃんが
やってきました!!!!!!!!!
かわいくて、かわいくて、
かわいくて、かわいくて、
ニヤニヤしています。
何が可愛いのか分かりませんが、
種子の緑の濃淡を見るだけで、
「なに、これ」
「な、な、なに」って、
だーだー言いまくっています。
白色と何が違うのだろうか。
とりあえず、元気になるまで畑に仮植え??
b0220318_16424776.jpg
そういえば、自宅実生に、
変わった葉のものがあったのを思い出し
一緒にしておこうと、抜いてみる・・・・
が、ブチッって音が・・・泣
どうか育って。
b0220318_16444019.jpg
暑くておかしくなっているわけでもなく。
ただただ、実生ちゃんにやられてます。笑
今の私には最高の癒しです。
素敵に可愛く大切に育てます!!!!!!
=======================
仮植え終了後、
軒下のお茶枝もそろそろ降ろして~と
思い、脚立に上って。
ひとつひとつ外すのも面倒なので
竹竿ごと外すことに。
無謀なこともわかってはいたものの・・・
やばいかなーこのままきっと落ちる・・・
と思ったら、
お茶枝と共に落ちました。笑
痛いから。ホントに。

あれだけ自宅の天井を棟梁と張っても
全部屋ベンガラ塗装をしても
落ちなかった私が、
落ちたーーーって自分に驚く。
でも、落ちる瞬間、
どう落ちればケガせずすむか考える余裕はある。
(そんな考えはいらないから
竿ごと持たないことを考えるべき年齢)

まだまだいけると思わないよう
安全に頑張って行こう
b0220318_20422591.jpg












[PR]
by nakane-ya | 2016-07-14 21:44 | 茶畑