カテゴリ:デカス・プロジェクト( 63 )

小渡

とよたデカスプロジェクト 
小渡アートミルフィーユFさんより
「イベント時、豊田市のお茶を来場者に・・・」
とお話をいただきました。

んーーーー、

と、考えて、
オリジナルティーを作っちゃうことも!!!



豊田市旭地区小渡
山手に自生茶があるのは、
以前お茶探ししたので調査済み(笑)
足りなければ同じ旭地区のSさんに
お願いしようと思っていましたが・・・

そんな心配は必要なく、あるある、
小渡地区には自家用茶用にしていた
茶の木や実生?がたくさん!
地元Sさん御夫妻とIさん、Fさんに
案内していただきました。
b0220318_09315695.jpg
ここがご協力いただけそうな畑です。
そして、その他にもこんな場所に。

b0220318_09332148.jpg

私の大好きな石垣っ茶もたくさんです!!
b0220318_09344571.jpg


b0220318_09350365.jpg


b0220318_09353572.jpg
こんなにあるとは、びっくりした。
これなら量的にも大丈夫~
あとは、なんとか季節と体調にあったお茶を作るのみ!
もちろん、地元の方々のご協力があっての話です。
地元の方々、そしてミルフィーユの皆様と作ってこその
小渡アートミルフィーユオリジナルティーですから。
どうか作ることができますように。
皆様よろしくお願い致します。


その後は、せっかくなので、
惣田の大檜ツアーに便乗。
b0220318_09414286.jpg
この力強さにエネルギーもらいっぱなし。




b0220318_09422411.jpg
他の木とは比べ物にならない太さ。




b0220318_09424037.jpg
樹齢500年??の大檜は、さすがの迫力。
しかし、どこか繊細な部分もありました。


色んな場所に色んな宝
参加者皆様の知識と経験の豊富さなどに
色んな想いが湧き起こります。

最後は呈茶予定の場所へ案内していただきました。

でもって、そこは、な、な、なんとーーー
私の好きな農村舞台ではないか!!!!!
と、ひとりテンション上がりまくり~
しかも、小学校が使用していたとかで
それっぽく、またまた私好み。
ということで、
8月ここで呈茶できることを願いながら。
まずはお茶作りできることを
神様に祈るのでした。

たのしい一日でした。
小渡の皆様、
ミルフィーユの皆様、
大檜ツアーの皆様、
ありがとうございました。

お茶の木を初めて見たという
Fさん、色々とありがとう。
大変にさせてしまったかな??

私は楽しいです!笑














[PR]
by nakane-ya | 2016-06-24 10:28 | デカス・プロジェクト

またも、デカス

b0220318_23590008.jpg
今年も、デカス
「限りないお茶の魅力 Ⅲ」
11月末を予定しています。
今年も期限ギリギリの応募に、
仮の企画名・・・
しかし、やる気はあります。
嬉しいお言葉もいただきました。
自分で「やりにくさ」を
プラスしてしまったような・・・


プラスをプラスに
無理なく自然のままのお茶を
アートに。


どうぞ、よろしくお願い致します。
















[PR]
by nakane-ya | 2016-04-16 23:57 | デカス・プロジェクト

茶の実油

b0220318_13555251.jpg
茶の実油が届きました。
豊田市旭地区浅谷産です。

昨年のデカスプロジェクトにて
エフ☆アートクラブさんが手掛けたもの。
私は、茶の実の場所だけをご紹介し、
(Sさん、ありがとうございました!)
都合上、茶の実拾いもイベント当日も
参加できませんでした。
残念でしかたなかったのですが、
わざわざ送ってくださいました。

とりあえず一滴、手の甲に。
やはりナッツ香はしますが
しっとりと肌になじみ、
ベトベト感は全くなし。

いいね、こういうの。
Kさん、ありがとうございました。












[PR]
by nakane-ya | 2016-04-07 14:09 | デカス・プロジェクト
b0220318_14255885.jpg
とよたデカスプロジェクト
ふるさと自慢コマーシャルカフェ

参加してきました~。
さゆみ企画さんによるもの。
さゆみさんは、小柄なのに物凄いパワーをお持ちで、撮影、舞台など手掛けられています。
今回は、何が何だかわからないけど、ふるさと自慢ということで「豊田市のお茶、その魅力」としてプレゼンしました!
その他の皆様のプレゼンも、豊田市の知らない事や参考になる事が多く、たくさんの「なるほど!」を浴び、私のドロドロ気分もスカッと晴れました~

さゆみ企画さんは、来年足助城を舞台にした映画を撮られるそうです!
皆様、ありがとうございました。
Aさん、2度目の寒茶ネタですみません。


私の野望ひとつずつ!!笑













[PR]
by nakane-ya | 2015-12-06 16:22 | デカス・プロジェクト
b0220318_22394217.jpg
デカス、今回は長文です。読みづらいこと間違いなしの覚書です。

前日は大雨、到着まで雨、準備を始めると雨は上がり、焼き茶担当のYさんに「どうするだ」と聞かれ、「今からはもう雨は降らないので外で焼き茶お願いします!」なんて雨が上がるなんてわからなかったけど、焼き茶は室内のガスでは意味がない。でも、間もなく神社に朝日が眩しくあたるという出来過ぎた天気、ウソのような状況ですが、山の中で朝日を浴びる神社、火の香り、湿った木々の香りは理想の会場となりました。
豊田市街地からでも車で1時間かかるこの山中の茶会に多くの人が参加してくれました。西尾市から静岡に行く前に寄って行くとかなりの遠回りで来てくれた人たち。仕事前に来てくれたり、高速出口を間違えて瀬戸まで行ってしまった人たち、ナビに任せたら迷って2時間かかった人たち、足助の渋滞に巻き込まれ疲れ切って来てくれた人、忙しいのに親子で来てくれた人たち、吉良から来てくれた人、雨だから行けないと連絡があったのに高速で2時間以上かけて来てくれた常滑の大御所、あの時のお父さん、いしかわ製茶龍樹さん・Sちゃん・姉ファミリー、ブログでこの椅子に座ると決めてきた人、若いのに杖をついてまで来てくれた人、チラシを見て来てくれた人、地元の方々、下山茶組合長、藤沢茶園さん、そして副市長、デカスの皆様、などなど本当にありがとうございました。
地元の方から「よくやってくれたね、次回もよろしく」「おめでとう」と言っていただいたときは本当に嬉しく安心しましたが、まだまだまだまだなのも勿論十分わかっています。今回も多くの事を学びました。次の目標もできました。今回のデカス、前回以上に色々とありました。本当に皆様に感謝するばかりです。

そして、今日は最終撤収日。この人にお茶を味わっていただかないとデカスは終われません。当日はどうしても来れなかった和合組長の冽さんです。今回本当に色々と動いていただきました。感謝しきれないほど動いていただきました。
b0220318_23181373.jpg
作業は陶芸家の山崎さんにも手伝っていただき、すぐに終わりました。
その後は皆様にご挨拶。Yさんご夫妻に「先日は・・・」なんて言い始めたら、ここで涙が出ちゃいました。見苦しくボロボロ泣きながらご挨拶。稲前さんとこでも。稲前さんは参加者に聞かれた時のために地元和合の勉強をしてくれていたのだとか(これ以上!?笑)Nさんのところでもオイオイと。かねちゃんには平常心を取り戻してから伺ったので泣かずにすみました。最後は雨乞いの神様 田螺神社へ。田螺は桶に詰めていないけど、茶会も終わったので雨を思う存分降らせてくださいね!と。ここの昔話、5つの田螺を桶に詰めると「ゴシャゴシャ」と雨は降り、9つ詰めると「クシャクシャ」と降るそうです。

本当に色んなことがあった「限りないお茶の魅力Ⅱ」、ありがとうございました。
b0220318_07385114.jpg

長い読み辛い・・・仕方ない。覚書

Kさん、青山二郎だっけ?









[PR]
by nakane-ya | 2015-11-17 23:41 | デカス・プロジェクト

デカス、書・机

b0220318_20434516.jpg
デカス、
今日は下山地区和合在住の書道家Nさんに書いていただきました。と言っても、茶畑でお世話になっているNさんで、迷彩柄や自衛隊好きという素敵な!?人です(笑)お茶を作っている人ですので、ちゃんと下山茶をイメージして茶の木の形もそれとなく。お忙し中、企画提出段階から色々と助けていただいています。本当に有難うございます!!

そして、さすがに雨予報が消えないので、スペシャル外席を諦め、農村舞台での準備。農村舞台には旧和合小学校のものが少々置いてあるので、今回はこれも利用します。配置を考えながら冽さんと準備をしていると、「何が始まるの?」と地元の方。少々話をすると、展示用のパネルがあるけど使う?って。
b0220318_03280317.jpg
設置までしていただきました。なんとこれもまた旧和合小学校の掲示板と机。「椅子はないですか?」と何度も聞くと(笑)、探して持って来てくださいました!!和合には「宝」が本当にたくさんあります。
b0220318_03430041.jpg
さあ、見てるだけではわからない、こんな不思議で楽しい机&椅子でアンケートを書きたいと思いませんか(笑
え、これが!?と驚く昔の卓球台もお勧め席かな!どうぞ、よろしくお願いいたします。










[PR]
by nakane-ya | 2015-11-13 23:59 | デカス・プロジェクト
b0220318_20393498.jpg
デカスのために下山地区和合、有機栽培の茶畑へ。
こんなところを歩いて行くその先に、私の茶畑があります。隣にはこんな場所もあります。
b0220318_20473254.jpg
私の場所は茶畑というより荒地です。うぇー、相変わらずの凄まじさ。
b0220318_20494544.jpg
そして何故か茶畑(荒地)を見て、自然と心の中で詠んでることに気付きました。

「我が茶の木 夏じゃないから 見つけやすい」

・・・ホントに見つけやすかった。


で、その後は闘いです。
b0220318_20515880.jpg
茶の木を鋸で切り、引っ張っても蔓が絡まってとれないため綱引き状態・・・「おおきなかぶ」みたいに思うと、蝶やトンボが来始めます。
何をどうするのか、わからないけど。思いついたものはとりあえず・・・・。

当日は雨予報。
「雨だと運転が・・・」と連絡が入る。どうかお願い、雨はやめてー。
なぜだ!!私の気合が足りないのか、下山地区和合には雨乞いの神様がいるからなのか・・・

どうぞ、よろしくお願いいたします。





















[PR]
by nakane-ya | 2015-11-12 21:25 | デカス・プロジェクト

デカス、つながり

人々をつなげる「出会い」が生まれることを目指す「とよたデカスプロジェクト

以前から、下山地区に特に和合で器を作っている人が居ないかな~なんて漠然と。そんな条件揃うわけない、そんな都合のいい話あるわけない・・・なんて思ってたら。日頃よりお世話になっている優子さんが(現在、11月末まで個展開催中!!ぜひぜひ)

「神明神社の住所から近いところに知り合いいるよ!」(マジで!?うそっ!!)
「山崎博司さんっていって、髪を束ねてて・・・」(あれ!?定例会の時にそんな方を見かけたような)
「もう一度、住所確認してみるね!」(すごーい、さすが優子さん!ありがとうございます!!)

なんて、情報をいただく。で、住所を聞くと、どうやら神社の隣あたり・・・・
かねちゃんにお願いしてみると、ホントに歩いて1分かからない。かねちゃんも山崎さんの陶芸を見たことないからって一緒に行ってくれる。
ご自宅にお邪魔すると、轆轤ある、作品ある!!!!!抹茶茶碗は作ってないとのことですが、私は必ず抹茶は抹茶茶碗でなくてはならない!という考えではないので見立てる器はちゃんとある!嬉しすぎです。

山崎さんは、10年ほど前に中国陝西省にて耀州窯を学び、現在もその手法で作っているそうです。
b0220318_14195733.jpg
当時学んでいた図案書を見せていただくと、そこには山崎さんの書き込みが沢山ありました。貴重なものを見せていただきました。
b0220318_14423303.jpg
b0220318_14453717.jpg
茶会当日、山崎さんの器でも抹茶をいただくことが出来ます。山崎さん、ありがとうございました。


恵まれた環境の下、皆様のお蔭で少しずつ進んでます。少しずつではもうヤバい期間に入りました。できない自分に焦ります。でも焦らない自分もいたりします。この二重人格は良いのか悪いのか・・・・

そして山崎さんから、焼き物が好きなら窯に火を入れているところがあるから、帰りに寄ってみたらとご紹介いただく。行ってみると穴窯で見学自由なんだそう。
b0220318_14500444.jpg
以前、遠目で登り窯で火が入るのを見たことはあったのですが、1200℃の世界をこの距離で見学できることは、朝に予想もしていなく、穴窯の中の世界は私のこれまでにない世界で、視野全部が釜の中の白い炎になった時、その世界に脳が上手に動きませんでした。凄い世界に良い意味で自分から何かが抜けて行きました。
b0220318_14511098.jpg
感謝の毎日です。

あ、もう一軒でも、イベント関連で説明をひと通り終えると、
「中根さんって、日本茶の中根さんですよね」
って、びっくり。
人との繋がりは不思議です。

















[PR]
by nakane-ya | 2015-11-08 15:22 | デカス・プロジェクト

デカス、考える事&紅葉

b0220318_21021084.jpg
デカス
今日は、かねちゃんに鍵を開けてもらったら、ひとり考えごと。何をどうするか考えれば考えるほど、やりたいことが多くなる。でも追いつかない。そんな時、Y代彦さんが覗いてくれる。色々話すと「そりゃ、やるだ」「ほだよ」って嬉しい。理想ばっかりだけど、できるだけ。


下山有機栽培抹茶に合わせるお菓子も悩みの一つ。昨日の皆さんの反応や、地元の人も他地域の人も楽しめるような・・・なんてキリがない。とりあえずは今日実際にこの環境で味わってみる。頭で考えていたものとは、やはり違う。おいしい。素直においしい。お菓子もだけど、頷いてしまったくらいお茶がおいしい。


茶道とは違う、ここはお茶を楽しむ茶会。ほんの一部ですが、地域の魅力「下山地区和合とお茶の時間」を楽しんでいただけたら。
ここで茶会をやりたいと思って5年、欲張らない、できることを。
b0220318_21454266.jpg
ジワジワと紅葉が来ています。和合に着くまでに黄色の世界が至るところに。神明神社の隣、大聖寺には樹齢200年以上の銀杏が2本。かねちゃんの案内で行ってみると「一本が雄、一本が雌なんだよ」「朝日が当たった時は最高だね」って、毎日見ているかねちゃんが言うから、相当きれいなんだろうな。
b0220318_21561036.jpg
樹齢200年は、すごい。

b0220318_21564474.jpg
b0220318_22211555.jpg
このお寺にも、茶の木が何本もあります!
b0220318_21570394.jpg


アートを通した「気づき」や人々をつなげる「出会い」が生まれることを目指す「とよたデカスプロジェクト」開催前から、自分自身が気づきや出会いの多さに驚くばかり。ぜひ、下山地区和合へ。
b0220318_22033416.jpg
今日も色んなことがありすぎて、書ききれない。様々な繋がりに感謝です。















[PR]
by nakane-ya | 2015-11-07 22:22 | デカス・プロジェクト

デカス、焼き茶再現準備

b0220318_22232945.jpg
デカス
焼き茶再現準備で集合していただき、私的には神社境内で火をくべて~茶を焼いて~なんて簡単に考えていたのですが、竹林からのスタートで、びっくり!でも楽しすぎ!!焼き茶担当のY代彦さん、切る場所を決めたら早いです!竹を見て、位置を見て、竹独特の倒れる音、皆さんのチームプレイ、格好いい、凄いの連発です。

b0220318_22333363.jpg
b0220318_22335201.jpg
神社へ戻り、皆で竹切り。
途中、「ここに煤竹があると雰囲気良いな~」と、INさん。いなくなったかと思うと煤竹3本を持ってくる!(凄い)そのお宅の年数からすると200年以上前の煤竹!!!!!(凄すぎる)世間では煤竹が無くなってきていると言われているのに、すぐに見つかる下山地区和合。ほとんどのお宅に蔵がある下山地区和合、高校時から蔵に住みたい願望の私にはメロメロ地域です。
b0220318_22393928.jpg
b0220318_22412129.jpg
お昼は皆さんと、五平餅!デカい!!&かねちゃんのお漬物(半端なく美味しい)
その後は、焼き茶を実際に。近くで茶の木を刈って、頼りっぱなしのY代彦さんの後ろをついていく。楽しすぎて何処までもついていきたい(笑
b0220318_22435175.jpg
b0220318_22440657.jpg
b0220318_22441849.jpg
皆さんが作ってくれた竹で。当日もこのスタイルです。自然の香味が私には堪らなく美味しい!!これーーーーーーー。
そんなこんなで、

とよたデカスプロジェクト 
「限りないお茶の魅力Ⅱ」香り高き下山アート茶会 
11月15日(日)10時~15時 
神明神社(豊田市和合町日向44)

下山有機栽培抹茶を下山で味わい、下山の竹で下山の焼き茶を!(私的には、語り続いていくべきお茶だと思う。このままではそのうち誰も知らなくなってしまう)どうぞよろしくお願いいたします。



風も無く、心地の良い一日。気持ち満たされる本当に楽しい時間でした。冽さん、皆様に感謝。














 


[PR]
by nakane-ya | 2015-11-06 23:18 | デカス・プロジェクト