カテゴリ:デカス・プロジェクト( 57 )


感謝の気持ちと自分への覚書

とよたデカスプロジェクト
限りないお茶の魅力は、ここにあり
足助「暮らしのお茶」

b0220318_14220987.jpg

前日の夕方、会場前の風景
朝からの雨は止んで、青空に
道路に差し込む光は綺麗すぎで
周囲の緑は水分をたくさん吸い込んで

b0220318_14215319.jpg

大きな木々の黒々とした根元には
鮮やかな苔
集会所となり白山神社からの風景
この写真では全くわからない
その自然の持つチカラは凄いです。
「こっちの準備は整ったよ」って
言われているかのように(超自分的解釈)

東大見を訪れた数日で色んな天候による
景色の違い、これが
東大見のお茶が美味しいと
昔から言われる理由なのかな
そんなふうにも思いました




そして開催当日の朝は、晴れ
山に浮かぶ雲は手が届きそうでした

1ヶ月半前には挨拶できる人が
いなかった東大見ですが、
道路ですれ違う人に挨拶できるって
本当に嬉しいです
「おはようございます、今から
お茶を切らせてもらいます」
会場下の場所を貸してくれた
Sさんのご主人に挨拶。
草刈もしていただきました。
以前の挨拶でも

私「お世話になります」
ご主人「お世話なんてしやへんよ」

凛々しいその顔からのこの返事
限りなくうれしかったです。

b0220318_14223666.jpg

1ヶ所目
露が残り、葉はイキイキとしていました
石垣の間から生える茶の木に
田んぼと水の音に山々という
素敵な環境にボーっとしていたいけど
今日はダメと自分に言い聞かせ
タイマーをかけて枝切り

b0220318_14222471.jpg

2ヶ所目
味の違いを知っている皆様からの
指定場所2ヶ所で枝切りは
本当に楽しい時間でした。
かなりのベタベタ具合になりました 笑

b0220318_14225055.jpg

10時前から、どんどんお客様
あっと、言う間に時間は過ぎました
やはり午前中に集中
皆様には御迷惑をお掛けしました
本来ならお一人お一人とお話をして
河合さんや東大見のことお茶のことを
伝えたかったのだけれど
私はそうもいかず・・・
きっと河合さんが伝えてくれたはず

b0220318_14261986.jpg

河合さん宅の道具で自家用茶
河合さんは今後このホイロを使用して
お茶作りするそう。よかった!

b0220318_14300940.jpg





b0220318_14263198.jpg

外席、とっても良い場所でした
この机が良い雰囲気でした
神社の倉庫に眠っていた机
倉庫を覗いたときに発見!!!!
使わせて頂きました。超カッコイイ

b0220318_14265070.jpg

午後はのんびりとしていただけたかな



そして、私の下手くそこの上ないものを
欲しいと持って帰ってくださったSさん

b0220318_14270651.jpg

今回も色んな人に感謝の一日でした

ご参加いただきました皆様
ありがとうございました
平日にも関わらず、お越しいただき
本当に感謝いたします

また日頃よりお世話になっています
皆様、今回もありがとうございました!
お忙しいなか、いつも感謝いたします

デカス関係の皆様
ありがとうございました。
足りていない部分が今回も多々ありますが
次回に向けて修正し
11月も皆様に楽しんでいただける
お茶の会が作れたらと思います

そして東大見の自治会長様はじめ皆様
色々とご無理を言いました。
MさんKさんTさんTさんSさんSさん
事前より、ありがとうございました
朴葉の柏餅は本当に美味しかったです
東大見のお茶のチカラ
その他の事もたくさん
本当に楽しく学びました。
また定例会に参加させてください!!


そして何といっても「河合にゃん」
最初から最後までお世話になりっ放し
今回のデカス応募「足助開催」は
デカスの趣旨である宝の共有で
河合さんを豊田の宝として発信したい!
勝手にそう思ったことが始まりです。
宝なのに一番扱き使った・・・笑
私はこれからも、足助寒茶には
河合さんをくっ付けて発信します。
お願いしたことから、地域の事
細かい部分まで気に掛けて下さり
本当に感謝致します。楽しかったです!

b0220318_14230536.jpg

今回もデカスを通して
色んな人、モノと繋がることができました
感謝するばかり
11月の猿投開催に向けて
準備していきたいと思います。

足りていない部分、
自分に勝てなかった部分、
皆様への感謝、
もう終わってしまったという寂しさ
色んな気持ちで涙が止まらず 笑
毎回のことですが・・・

こういった部分に免疫ができても・・・
と思うのですが、なかなか。
ということで、
免疫力アップのエピガロカテキンで
乗り切ろうと思います!!!!笑
(ちがうけど)



本当にありがとうございました











[PR]
by nakane-ya | 2017-06-10 23:19 | デカス・プロジェクト

デカス:素敵な場所です

b0220318_03375935.jpg

とよたデカスプロジェクト

開催場所の東大見集会所の隣は
白山神社
この神社も色んな言い伝えがあるよう
しかし、今回は何も紹介できず
そして、その奥の建物の場所、
不思議な空間だと思っていると
私の好きな農村舞台があったそう
維持管理できず、仕方なく取り壊した様子
とっても素敵だったという
その横には茶の木
いつから生えている子なんだろう
お地蔵さんの後ろにも茶の木

東大見には本当に、あちらこちら
茶の木があります

b0220318_03412339.jpg

会場は川の流れる音が聞こえます。
ほぼ、川は見えませんが
ギラつく太陽の日でも涼しく感じます。
今日は、お昼から雨でしたが、
それはそれで素敵です。

b0220318_03374182.jpg


雨のせいか、外で作業をしていると
良い声をした、うぐいす
本当に良い声だったな。

会場では、いつも誰かが鳴いています
河合さんと電話で喋っていても
本題より、電話越しに大きく聞こえる
うぐいすの鳴き声を聞いてしまう 笑

b0220318_03402610.jpg

今回何の情報も得られなかった
お茶を模して


みんなが心配して?覗いてくれる
特にMさん、ごめんね
東大見時間等々を把握できず
御迷惑お掛けしてます。

b0220318_03381145.jpg
Mさん宅にある野生オダマキ
Mさん宅へ行くと、
建物、庭、道具等々古物に
「でら、かっこいい」を連発する私


当日は河合さん以外に
東大見の女性6人が
協力してくださいます!
人生の大先輩がつくる、朴葉の柏餅を。
朴葉は河合さん宅のものです!!
そして
河合さんの味噌3種を食べ比べ
筍と共に(予定)

今回は最強に準備が進まない
やっぱり6月は私的に難しい
もっとゆっくりじっくり
行ないたい場所だと、つくづく思う
新城へ行く途中、素通りしていた場所、
車を一度も止めたことのなかった場所は
本当に素敵な場所

行きは焦り、帰りは感謝から
なみだ涙の道中です 笑
(いつものことですけどね)


とよたデカスプロジェクト
限りないお茶の魅力は、ここにあり
足助「暮らしのお茶」
2017.6.9(金) 10~15時
東大見集会所


b0220318_11323790.jpeg


辺りは緑ばかりで目印はありません
私のスマホは圏外です
とにかく、
国道420号を走って来てください

どうぞよろしくお願い致します










[PR]
by nakane-ya | 2017-06-07 23:55 | デカス・プロジェクト

デカス:あれこれ

b0220318_06544505.jpg

とよたデカスプロジェクト

開催場所の東大見に来ると
色々と教えていただけます

素敵なガーデニングのように
昔、お米を搗いていたもの
(籾ではなく黒い部分)

b0220318_06551941.jpg

山桑

「木地として使うと良いものになるらしい
稲武の木地師さんが教えてくれたよ」

「次は何を自慢しようかなー」
って、次から次へと教えてくださいます

展示用に持って来てくださったお茶
ガンガンに入れているそう
写真のものは、常用のガンガン
保存用はもっと大きなガンガンに

b0220318_06560760.jpg

20年前の栞がでてきたって、
葉と一緒に持って来てくださいました
探したわけでもなく、偶然、食器の間から。
このタイミングで出てくるってね~
Sさんと話しながら、
なんとも表現できない気持ちに。
本当に、ただただ「うれしい」

資料を見返していると
12年前の寒茶フォーラム資料と新聞記事
河合さんが若い!!!!!!
その横には、Mさんと私の写真 笑

「これ、俺か!?若いなー」と、河合さん
(いえいえ今も若いですよ、あの芝居 笑)

b0220318_06554688.jpg


b0220318_06550187.jpg

緑のトンネルでお茶枝探し
思わず声を出したくなるような
気持ちが晴れやかになる場所
こんな場所でお二人と話をしながら
歩けること、気持ちが穏やかになり、
肩の力が抜け、
血流が良くなるのこと、実感 笑

良い場所に、良い人たちに
出会うことができました

ここで私に何ができるのか
わかりませんが、
この東大見の素敵な環境で
楽しいお茶をしていただけたら
b0220318_06553352.jpg


とよたデカスプロジェクト
限りないお茶の魅力は、ここにあり
足助「暮らしのお茶」
2017.6.9(金) 10~15時
東大見集会所

b0220318_11323790.jpeg

参加を心に決めている方!
ぜひともご連絡を~~~

どうぞよろしくお願い致します










[PR]
by nakane-ya | 2017-06-06 23:54 | デカス・プロジェクト
b0220318_01573397.jpg

とよたデカスプロジェクト
限りないお茶の魅力は、ここにあり
足助「暮らしのお茶」

今日は河合さん宅にて
写真の茶の木は河合さん宅のもの
やる気に満ちさせるツヤツヤ

今回のデカスは、
河合さんという人の発信と
河合さん宅の古い道具も

b0220318_01571943.jpg

これです。
当日は実際にこの道具を使って
お茶を作りますが、
河合さん自身、これを使用しての
お茶作りはしたことがないとのこと

どうするのって、話だけれど
色んな情報から手さぐりで試作
使用する葉は、もちろん河合さんのもの

試作前に中抜けし、東大見へ
当日の生茶の枝決めです
持ち主に許可を得て
貴重な昭和のお茶状況をお聞きし
現地へ昭和一桁生まれMさんとSさんと

b0220318_02005193.jpg

たまらんくらいの理想風景
私のストライクど真ん中風景です

b0220318_02012837.jpg

ここは、刈られ生えてきているので
綺麗な葉がたくさんありました。
3人で喜ぶのですが、
後に「えーーーっ」って感じにも 笑
まだまだ課題が残ります

そして河合さん宅へ戻ると

「遅いわーーー電話しても出んし、
どっかでハマっとらんか心配したわー」
他の人なら怒られる状況を
笑いながら許してくださいました
※ちなみに、会場周辺は圏外です
そして待っている間に
火をおこし、
支える脚を作ってくださいました


そしてお茶づくり!
これが何と、脚と炭の熱が丁度良いい

b0220318_02001284.jpg

とっても良いお茶になりつつ

b0220318_02003327.jpg

お隣のOさんもおみえになり試飲
Oさんは焼酎、お茶割り
思った以上に良い香味です。
贅沢なものです。

「いいねー、いいねー」
「この道具が喜んどるわ、生きたわ」

心の底から嬉しいと思える言葉でした。
本当に楽しい時間でした


b0220318_02011108.jpg

河合さん宅の入り口
小さなお茶の木が迎えてくれます
写真からは、広そうに見える道ですが
さすがに初めての人には・・・
会場を河合さん宅にする予定でしたが
この道で諦めました。

本当に楽しい時間でした
河合さんとOさんの会話は
人を和ませます。

今回のデカス、
豊田市の宝として発信したいひとつが
河合さんという人
足助寒茶のために県外での講演や試飲
お茶に興味があるわけでもないのに 笑

今日も一緒に居て
やっぱりな、さすがだな
と、思うことがたくさんありました。
足助寒茶が途絶えずここまで
知られるようになるのに
もちろん松下先生の存在もですが、
河合さんの地道な地元調査等が
あってのことだと思います。
その当時の苦労話!?など
ぜひ会場にてお聞きください
そして河合さんの素敵さを感じてください 笑

b0220318_11323790.jpeg










[PR]
by nakane-ya | 2017-05-31 23:55 | デカス・プロジェクト
とよたデカスプロジェクト

今回お世話になる皆様のところへ
皆様の定例会日時をお聞きしていたので
お約束なしで行ってみる

楽しそうな声がするので
覗かせて頂くと
「あ!」
気付いてくださいました 笑
「忘れちゃう、すぐ忘れちゃう」
と、口癖のように仰られるので
お約束なしの、いきなりは
どんなものかと正直不安でしたが、
よかった!

b0220318_09250954.jpg

そんな皆さんのお茶は生茶
大見で自生しているお茶の葉を
そのまま煮出したもの
私も生葉のお茶は飲んだことがありますが
生臭い記憶。
しかし、ここのは
本当に清々しく美味しい!
超本音です。
甲羅石の上で撮らせて頂きました!
どこで採ってきたお茶かと聞いても
「その辺」

教えていただけないのか
秘密なのか・・・

そんな風に思っていると
今も自家用寒茶を作っているSさんの
裏山を見せていただけることに。
足助屋敷では毎年一回
寒茶づくり体験を行なってみえますが
Sさんは足助地区で寒茶を作る唯一の人
(調査上、たぶん個人ではSさんのみ)


細い通り道は40cmほどかな
体を横向き蟹歩きで
裏山へ上がらせてもらうと
至るところにお茶の木が!

b0220318_09261466.jpg

「その辺」の意味が
分かる気がします 笑

b0220318_09254683.jpg


b0220318_09264573.jpg


b0220318_09255987.jpg

b0220318_09262928.jpg

写真では分からないのですが
竹の向こうには
大きな岩!!!!!!!!!

「これが大見なんだよ」

岩などからのミネラル分を
たくさん吸い込んでいるのか
大見のお茶は
昔から美味しいお茶が採れる場所と
言われているんだよ
と、教えてくださいます


足助地区、足助の寒茶
場所によって味の違いは本当にあります
また、日向と日影
今の栽培方法でも分かるように
太陽の当たる場所や時間によって
お茶の状態も全く違います


b0220318_09270221.jpg

最後は
「筍が出てるで持っていきん」
と、下まで戻ってツルハシ持って
再度、細道、樹のトンネルを潜って
裏山へ上るSさん。
80歳を目前にする方が
(Sさんごめんね)
ひょいひょい簡単に
ツルハシを持って登って行く姿は、
さすがさすが、本当にさすが。
これしか言いようがない。

b0220318_09522727.jpg

足助地区東大見
ぜひぜひお越しください!

当日は、Sさんの寒茶も
もちろんお出しします。
足助屋敷のものとは
やはり見た目も違いますよ。
また、生茶も!!!!!!!

とよたデカスプロジェクト
限りないお茶の魅力は、ここにあり
足助「暮らしのお茶」
2017.6.9(金)10時~15時
東大見集会所(白山神社横)

どうぞよろしくお願い致します
b0220318_11323790.jpeg







[PR]
by nakane-ya | 2017-05-30 23:55 | デカス・プロジェクト
足助の街では、急須で
川根茶が多く飲まれていた
お茶の時間に井戸か
川まで水を汲みに行って
お茶を飲んだこともあった
当時は川の水が本当に綺麗で
蛍がたくさんで、
田んぼの方は
蛍の光で周囲が見えたな・・・
と、昭和2年生まれの方から
お話を伺いました。

b0220318_23545859.jpg

とよたデカスプロジェクト
足助地区東大見集会場の目の前には
茶の木がたくさんあります。
と、言っても、茶畑ではなく、
岩の間からなど生えるているもの

ちょっと歩くと、
ここにも!ここにも!!ってな具合に

b0220318_23543824.jpg

ひっそりと影から

b0220318_23562844.jpg

幹の曲線の美しさ

b0220318_23561352.jpg


b0220318_23555863.jpg

お茶のことを聞こうと
近くのお店へ

なんと、全く気付かず
お世話になるSさんの旦那様
色々教えていただきました
ありがとうございました


b0220318_23564870.jpg

集会所の目の前で見つけました
幸運が訪れますように 笑

とよたデカスプロジェクト
限りないお茶の魅力は、ここにあり
足助「暮らしのお茶」
6月9日

どうぞよろしくお願い致します。









[PR]
by nakane-ya | 2017-05-20 23:47 | デカス・プロジェクト
b0220318_11323790.jpeg
やっとチラシができました!
ブラックIさん、ありがとうございました

とよたデカスプロジェクト
限りないお茶の魅力は、ここにあり
足助「暮らしのお茶」
2017.6.9(金)10~15時
東大見集会所にて

敢えて平日開催にしてみました!
河合さんと楽しく、
東大見の皆様に癒され
のんびりと暮らしのお茶を
一緒に楽しみませんか?

春は香るお茶
夏はウマいお茶
寒茶は薬

事前予約をお願いいたします。
会場でお会いできることを
楽しみにしています。
どうぞよろしくお願い致します!!




====================
11月もよろしくお願い致します。
しかし11月1日(水)と
チラシにありますが、
ちーがーいーまーすー 泣















[PR]
by nakane-ya | 2017-05-13 23:11 | デカス・プロジェクト

デカス:足助で茶摘み

b0220318_05001928.jpg

美しすぎるこのフォルム
その周辺に自生する茶の木で茶摘み

b0220318_05000291.jpg

b0220318_04594683.jpg

この環境での茶摘みに妙な燃え具合
空に向かって叫びたい 笑

ということで、
チラシも出来ていない状態で
とよたデカスプロジェクト
今年のデカスは茶摘みから@足助

b0220318_05013613.jpg

足助と言えばこの人!?河合にゃん
あれやこれや言いながら
ワガママに付き合ってくださり
植物の名前も教えていただきながらの茶摘み
めっちゃめちゃ楽しい時間です

今回のデカス、お茶はもちろんですが
河合さんという人を豊田の宝として
発信したくての足助開催

b0220318_05012352.jpg

場所を変えて
イノシシの通り道がくっきり

b0220318_05005049.jpg

いろんな表情の子たちもたくさん

b0220318_05003498.jpg

あっという間に綺麗な葉が摘めました!
二ヶ所で生葉の香りがはっきりと違います
その後は
迷いに迷って萎凋、蒸して冷凍保存
(どうなることか・・・汗)

当日は、この葉を使ってお茶づくり
「春は香るお茶」
「夏はウマいお茶」
「寒茶は薬」

とよたデカスプロジェクト
限りないお茶の魅力は、ここにあり
「足助 暮らしのお茶」
2017.6.9(金)10~15時
豊田市東大見集会所にて

どうぞよろしくお願い致します











[PR]
by nakane-ya | 2017-05-10 23:55 | デカス・プロジェクト

こんな場所でお茶

b0220318_11444336.jpg
山の中 足助 
これが御自宅だというのだから
すごいことです

おじゃました理由は、もちろんお茶です
b0220318_11445788.jpg

お茶と足助で、寒茶と思った人もいるはず
な、わけない
この季節、そんなわけないです。

風も無く、絶好のお茶日和~
b0220318_11565983.jpg

楽しい時間

ハート型の葉が入ったお茶&笑い
居心地良くて、エネルギーいただいて

b0220318_11453344.jpg
山の空気に、薪の香り
癒される素材が満載です。

お庭(笑)も案内していただきました
b0220318_11464046.jpg

山です。当たり前だけど山道です。

至るところにお茶の木がありました
b0220318_11460273.jpg

b0220318_11461662.jpg

b0220318_11465916.jpg

本当にたくさん!

でも、今回は見ているだけではダメでして
決めることを決めないと
いけないわけでして。

この場所は、
「ザ・山の暮らし」なので最高なのだけど
だからこそ
一般の方々には危険ゾーンが多すぎる

悩む・・・別場所・・・


でも、もうすぐ決めますので



とよたデカスプロジェクト

今年も
どうぞよろしくお願い致します















[PR]
by nakane-ya | 2017-04-13 23:43 | デカス・プロジェクト
b0220318_06393122.jpg

とよた デカス プロジェクト
限りないお茶の魅力Ⅲ
稲武のお茶「桶・渋・寒」

恵まれた天候に助けられ、
又日亭という場所にも助けられ、
皆様にも助けられ、
開催することができました。

皆様がお茶を飲む姿、
お茶をしながら、
会話をしながらの繋がり、
笛の音色、とても素敵な場面を
たくさん見させていただきました。
桶茶道具が欲しい!
と言ってくださったのは、
本当に嬉しかったです。

そして後日、
当日時間がなくて入れなかったから
どんなお茶ですか?
と、会場にお問合せ。
お話しさせて頂き、
早速、古橋懐古館に行きます!
次はいつ開催しますか?
とのこと。
本当に嬉しくて仕方ないです。

毎回のことですが、
バタバタに始まり
足りず足りず
足りていないところばかりで
バタバタと
あっという間に終わりました。

複雑な思いでいっぱいですが、
これはこれで反省しながら、
次に繋ぐことができたらと思います。

日頃よりお世話になります皆様、
ありがとうございました。

今回はじめてお会いしました方々、
ありがとうございました。

童子苑・美術館の皆様、
ありがとうございました。

デカスの皆様、
ありがとうございました。

稲武の皆様、
皆様のお蔭でこのようなお茶の会を
開催することができました。
本当にいつもありがとうございます。


感謝の気持ちをどう表現したらよいのか
本当にわかりません。というより、
ここに書きたいことがあり過ぎて、
書ききれません。
デカスプロジェクトは、私にとって
いろんなもの、人などを繋げてくれます。
本当にありがとうございます。



今後も楽しいお茶の時間・空間を
作っていきたいという気持ちは
変わりません。
今後もどうぞ宜しくお願い致します。

b0220318_06402434.jpg
翌日は雨、童子苑でお茶して、
又日亭でのんびり余韻に浸ろうかと
思いながら、そうもいかず
超バタバタ撤収。

本当に毎日がバタバタ、
バタバタ、バタバタ、
あっという間に過ぎて行きます。
バタバタだから、
ちょっとバタバタ茶しに、
癒されに富山に行こっかな。笑














[PR]
by nakane-ya | 2016-11-28 23:38 | デカス・プロジェクト