カテゴリ:桶茶(振り茶)( 73 )

朝日新聞に!

b0220318_2144052.jpg
稲武桶茶、朝日新聞さんに~。
いろんな思いはあるけれど、私にできることにも限りがあるのだけれど、今後はもっともっと体制を整え、より多くの方々に「稲武桶茶」を知っていただきたいと思います。
みなさま、ありがとうございました!

そして、この新聞記事。いつものお茶会Kさんが切抜きしておいてくれたもの。日付も分かり易く貼り付けてくださいました!昨日の「茶LON」Mさんも毎回!!
本当に感謝感謝の毎日で、明日のことで今から嬉し泣き。
こんな調子で明日は上手に話せるのかな・・・・・
ま、いつも上手に話せていないから、いつも通りで。
[PR]
by nakane-ya | 2015-02-26 22:30 | 桶茶(振り茶)

ちょっと前進、桶茶

桶茶新聞取材で、雪残る稲武へ。
茶筅も、どんぐり工房Iさん手作りのものが増えました!
さすがのMさんによって桶茶保存会発足も間近かな。感謝するばかり。
b0220318_2029216.jpg

b0220318_20322063.jpg
そして現在、どんぐり工房は「いなぶ旧暦のひな祭り」開催中。
今年の福よせ雛のテーマは大運動会。
お雛様の大玉転がしや組み立て体操、パレードなどなど!
4月11日(土)午後には、桶茶の予定もあるようですので、
ぜひ、素敵でおもしろいお雛様はいかがでしょうか。
b0220318_20331996.jpg
茶筅を手に大喜びの桶茶用茶葉生産地区の筒井さんと茂治さん。
皆さま、今回もありがとうございました。本当に本当に感謝です。
[PR]
by nakane-ya | 2015-02-19 20:44 | 桶茶(振り茶)

とよたNOW

b0220318_23595490.jpg
稲武桶茶、市政番組「とよたNOW」にて、11月24日~30日特集として放送していただきました。かなりの回数を放送していただいたようで、「稲武桶茶」もまた少し知っていただけたのではと思います。わざわざ見たよメールありがとうございます!
撮影時インタビュー等にご協力していただきました皆様ありがとうございました。どんぐり工房の皆様今回もありがとうございました。そしてそして大野瀬梨野の茂治さん!ありがとうございました!茂治さんがかなり真剣な表情で喋っていたのですが、実は笑顔が素敵で何枚も写真を撮りたくなる人(写真は今年のお茶作りで取材を受け照れる茂治さん)
b0220318_23591576.jpg

私が見苦しいのは十分承知ですが、今回も同じ言葉で同じことを何回も言っちゃって~~ブラックカラーIさんに見破られた寝不足でしたが、それなりに頑張った?つもりーー。
ご興味ある方は、こちらへ→
Uさん、色々とありがとうございました!どうか異動等ありませんように 笑
[PR]
by nakane-ya | 2014-12-02 23:58 | 桶茶(振り茶)

まちさとミライ塾 稲武

b0220318_121281.jpg
とよた まちさとミライ塾
「ぜ~んぶ稲武で満喫!」最終日、冷え込む稲武にて桶茶を行ってきました。このプログラムは私も申込みしたかったくらいです。地元大好きなおばちゃん達が笑顔でお出迎え!とパンフレットにもありましたが、本当に素敵な笑顔のガイドさんばかりで、参加された方はとても満足の様子でした。今回、特に良かったと思ったのは、「どんぐり工房 瀧さんの白菜を使ったお漬物」。これが桶茶のお茶請け。地の人の、そのときのものって最高のものだと思いませんか。理想です。本当に美味しかった!!!
参加された皆様、ありがとうございまいた。
そして稲武の皆様、いつもいつも本当にお世話になりっぱなしです。ありがとうございました。

今回は、ケーブルさんも桶茶取材に来てくれました。
Uさん、ありがとうございました!
11月24日(月)とよたNOWにて放送予定だそうです!!
b0220318_1284481.jpg
桶茶の泡、これが理想。でも必殺技を使わないと、ここまで安定したものができない!!!!
悩むところなのです。
[PR]
by nakane-ya | 2014-11-14 23:58 | 桶茶(振り茶)

ぜ~んぶ稲武

始まりました!
まちさとミライ塾  「紅葉」も「散策」も「天然温泉」も ぜ~んぶ稲武で満喫!
b0220318_21551286.jpg
今年は紅葉が早いようです。
b0220318_2154395.jpg
可愛くて仕方ない桶茶の泡。滝さんの白菜漬けが美味しかった!!
b0220318_21541759.jpg
b0220318_21544225.jpg
どんぐり工房横駐車場ではジビエグランプリも開催されていて、どんぐりの里いなぶさん「トロリ冬っ子汁」は体温まる安心する美味しさ。山んばーずさん「シシシチュー」は丁寧さを感じる美味しさ。異国の香り漂うなかでの桶茶準備でした(笑)

皆様、ありがとうございました!
[PR]
by nakane-ya | 2014-11-08 22:20 | 桶茶(振り茶)

ぼてぼて茶を求めて Ⅱ

b0220318_19575941.jpg
松江、二日目の朝は宍道湖で時間調整。宍道湖の朝は、しじみ漁で夕方とは違う表情です。
b0220318_1958189.jpg
写真を撮っていると、かなり遠くで漁をしていたおじ様が、すぐそこに。そして宍道湖には45種しじみがいる、500人くらいの漁師がいる、朝7時からの漁で昼から暇だとか・・・・教えてくれました。
b0220318_19584990.jpg
最後には5mくらいまで接近しての漁。角度的に見えないと思っていると角度を変えてくれる。ありがとうおじ様!なんてことをしていたら、時間がかなり過ぎていて、大慌てで移動。
b0220318_20545958.jpg
ちょうど茶町という通りに出て、千茶荘さんに到着。
b0220318_20553191.jpg
甘めの茶粥で美味しかった!千茶荘さんは、ぼてぼて茶の販売をしているので何かご存じかと思ったのですが、何も無く、、、、、、。


どうしようもなく、、、、、、。
残り一軒、ぼてぼて茶を戴けるところを目指し、、、、、、。

すると、古美術店を発見。
古物好きなので器を見ながら、ぼてぼて茶のことを聞いてみると、
「まあ、入りなさい」と言われ、店主が棚から取り出したものはーーーーー
b0220318_20161729.jpg
なんと、ぼてぼて茶碗。明治時代~、そして江戸時代も出てくる~~

びっくり。

当時の茶碗が残ってるとは、考えてもみなかったし、ここにあるとは。
しかも、このお宅では今もお正月にぼてぼて茶を飲んでいるとか。色々と教えていただき、作り方は奥様から。でもって、道具も実際にみせていただきました!
b0220318_2056253.jpg
茶筅は奥様がお嫁に来る前からのものだそう。超たのしい。ぼてぼて茶は「箸間」に食べるものなのですが、この「箸間」で盛り上がる。店主は食事と食事の間、奥様は端と端の間で聞いているとか、百科事典で確認するか、とか二人で言い合っている、そんな場所に居られることが楽しくて仕方ない。松江らしく、抹茶でも飲んできなと、河井寛次郎の甥っ子作茶碗、奥様手作りの栗の渋皮煮で最高です!色んな、本当に色んなお話をさせていただきました。貴重な貴重な時間でした。

そして松江城二の丸跡の「ちどり茶屋」さんで、ぼてぼて茶をいただき、
「これが松江の蕎麦でしょ」っていう香り高き蕎麦を食べ、心もお腹も満たされ帰るのでした。

今回の松江旅、稲武桶茶に繋がるものは見つけられませんでしたが、「桶茶」という言葉自体、もう少し知識を入れなければと考えさせられました。様々な形をもつ桶茶。こういうことをしていると、地元の方から「10年または20年遅かった」と言われます。その通りだと思います。でも諦めず、今回のような出会いを信じ、稲武桶茶に繋げていきたいと思います。

神在月、お茶の神様も来てたんだーーーーーー




ってことで、そう思って、尖らず頑張って行きたい。
(今日も尖ってたかも、いや尖っていた・・・・反省)
[PR]
by nakane-ya | 2014-10-31 21:16 | 桶茶(振り茶)

ぼてぼて茶を求めて

島根県松江です。
稲武桶茶に何かヒントはないかと、行って来ました。遠い~。
松江だから「優雅に抹茶~~」なんて言ってる時間もないので、すぐに塩見茶屋さんへ。
松江城内堀沿いのテラス席で。
b0220318_719317.jpg
あたり前ですが、泡立てた状態で持って来てくれます。「ぼてぼて」と音すら聞こえず、取り敢えず軽く説明はくれますが、なんとも呆気なく。具を全部入れ片手で茶碗を回し揺らし、最後に鼓をたたくように完食するのですが、無理。説明時にも最後は残るので・・・・と。
b0220318_724155.jpg
誰か~~、お手本を!!!!お茶に興味を持つ以前にテレビで上手に食べる人を見た記憶があるのですが、その人は今どこに~~~。
次は、へるんの小径さんへ。
b0220318_9115965.jpg
こちらでも泡立てた状態で出てきそうだったので、奥から音が聞こえた瞬間、「すみませ~ん、見せてもらってもいいですか」と、表で実演してもらいました。
b0220318_7404429.jpg
手慣れた感じで見事に泡立つ。色々と情報は頂きました。名物として20年前くらいからだそう。でも実際に継がれているものではありませんでした。物産館へ行き、お茶お菓子などの情報収集。でも、ぼてぼて茶については何も。この時点で、辺りは薄暗くなり閉館閉店時間も早い・・・・
b0220318_7454944.jpg
宍道湖の夕日を横目に急いで中村茶舗さんへ。ここは、稲武桶茶で使用していた茶筅を取り寄せたお店で、ぼてぼて茶と道具の取扱いがあり、奥様がご親切に店奥から昭和の貴重な本を見せてくれたりで、色々と教えていただきました。

松江・・・・・・夜が早い。そば処なのに蕎麦屋が19時までとか。開いていた蕎麦屋に入るも家で茹でる蕎麦と変わらない体験的割子そば。蕎麦好きには物足りないし。

宿泊先も決めずに行く私。
「神在月だからいっぱいだよ~」なんて言われ、4軒目でやっと(笑)
1日目、色々と分かってきた、ぼてぼて茶事情。ほとんどの人が知らない、ぼてぼて茶。
2日目は、どこをどうすれば・・・・・と、行く当てもなく。

つづく
[PR]
by nakane-ya | 2014-10-30 09:42 | 桶茶(振り茶)
b0220318_23152038.jpg
昨日は、稲武桶茶用のお茶づくり~二年目。
晴→雨→大雨→雷→晴→雨→大雨な天候の中、作業。
稲武の雨天は初めてで、雲の流れにちょっと感動。
b0220318_23175023.jpg
b0220318_2318725.jpg
そんな天気なので、乾燥も室内だったり、天日だったり。今回も皆様のお蔭でたくさんの桶茶用茶葉を作ることが出来ました。というか、作りきれなかったので生葉お持ち帰り。自宅でひたすら蒸すも蒸しきれず・・・・。横を見れば蒸された茶葉がもりっと広がっている~。こんな状況のリビングは他にはないでしょうね~。それでも折り返し地点。ちょっと大変かも~。
でもーー、そんな時の副産物。やっぱり稲武だーーと叫びたいものが。
b0220318_23182333.jpg


大野瀬の皆様、市役所の方々、金城の先生、奥様、耕Lifeさん、ありがとうございました。
畑で見つけた、よつ葉のクローバー。 幸運が訪れますように。
[PR]
by nakane-ya | 2014-07-20 23:44 | 桶茶(振り茶)

芋焼酎イベントで桶茶

豊田市稲武大野瀬です。稲武地区でも一番北側、岐阜長野の県境です。場所によっては、一度岐阜県の道を通るらしい・・・そして、桶茶用の番茶を作ったところでもあります。
b0220318_21594262.jpg
今回は、ここで芋焼酎の苗植えイベントの昼食に五平餅と桶茶だそうで。50人分の桶茶を用意して・・・・って、一度に50人分って相談もなく決めないで下さ~い、Sさん!笑 
イベント用桶茶と割り切って行いましたが、この方法は安定していて50人分は何てことなく?(皆さんのご配慮のおかげ)行えました。が、この地区の方々は味が分かる。「前と味が違う」「前より美味しい」「前より濃い」などなど、比較できてしまうのです。実際、桶茶活動一年目とは葉が違うので全く別物と言っても良いくらいのものですから、こんな意見は出て当然と言えば当然なんですが。もっとしっかりと道を定め活動していかねばと改めて思いました。大野瀬の皆様、参加された皆様ありがとうございました。
b0220318_2205456.jpg
それにしても、貫録ある柄杓になってきました。お茶の渋と釜の鉄分で昔のものの色合いに。そろそろ江戸時代型柄杓を作らなくては。
[PR]
by nakane-ya | 2014-06-09 22:16 | 桶茶(振り茶)

身の程知らず~

b0220318_2139643.jpg
一人茶会からのご縁で、お茶の先生宅にて大豆炒茶屋~。
と思ったら、茶屋が茶席に???
この写真を見て突っこまれるところ多々ですが、楽しく振り振りしてきました~。お客様もお茶の先生~、歴史好きの方々~。身の程知らず~~な、私....でも、お伝えしたいことはお伝えし、皆様からは色々なお話しを聞くことができました。結構、皆様の周りにはチャの木があるんですね~。びっくり。良い経験となりました。O先生、お声掛けいただき感謝しています!有難うございました。足を運んでいただきました皆様、有難うございました。ごちそうさまでした!
[PR]
by nakane-ya | 2014-06-04 21:48 | 桶茶(振り茶)