カテゴリ:桶茶(振り茶)( 69 )

茶温会 桶茶

b0220318_09140767.jpg

19、20日、どんぐり工房中庭にて
いなぶ桶茶 茶温会による桶茶

b0220318_09142294.jpg

Nさんの男らしく軽やかな桶茶!
Aさんの配慮や、Sさんの監督?笑
体の調子が悪くても車の中から見守るTさん
Kさんのさすがの蒔き割り火おこし&奥様
そして、今日のお茶は美味しいと
自画自賛のMさん、笑
どんぐり工房のTさんMさんIさん
お世話になりました。

蒟蒻の方々、稲武の方々、
おひなさまを見に来られた方々
意外と(笑)多くの方々に「桶茶」を
知っていただけたと思います!

今後も「いなぶ桶茶 茶温会」による桶茶
時々どこかに出没すると思いますよ

とても楽しい時間でした。
ありがとうございました。

b0220318_09145261.jpg

稲武では、旧暦のおひなさま
まだまだ、つづきますよ。
この二日間も絶え間なく
多くのお客様がお見えになり
皆さん笑顔で
とても楽しそうでした!

b0220318_09144194.jpg



そして、お久しぶりにAさん!
「中根さん、毎日みとるよ~」
たまらなくうれしい♪
















[PR]
by nakane-ya | 2017-03-20 23:15 | 桶茶(振り茶)

第二回桶茶講座

b0220318_12112768.jpg
桶茶用の茶筅作り

いつも使用している茶筅は
稲武産の竹で
どんぐり工房にみえるIさん手作り。

全く茶筅を作ったことが無かったIさんが
どう考え、試作を重ね
現在の桶茶用茶筅ができあがったかなど
お聞きしながら実際に作ってみました

楽しい時間です。
ものづくりは好きなので、
道具はそこそこ、我が家にもあるのですが、
ナタはさすがにない!
しかし、
稲武の方々は普通に持っているらしい・・・
(山間地域なら持ってみえるのでしょうね)

今回は敢えて生竹で作業しやすい様に。
Iさん手作りの道具があったりで
ある程度、何となくはできるのですが、
そう簡単には仕上がるはずもありません!
Iさんが、どれだけの時間を費やし
桶茶用の茶筅ができあがったのか・・・
本当に感謝の気持ちで、いっぱいです。



b0220318_12114362.jpg
茂治さん、作業が早い!
さすが木地師志望!!!笑
b0220318_12115580.jpg
最後は桶茶を味わいながら。
筒井さんの作成途中茶筅を
使ってみましたが、
やはり茶筅として成立せず、ただの棒。
Iさんの凄さを実感するのでした。

とても楽しく長閑な時間でした。
桶茶を飲みながら、
この会の名前も決まりました!?

「いなぶ桶茶 茶温会」

この会から、
稲武桶茶が発展していくことを願います。
皆様、いつも本当にありがとうございます
次回もどうぞよろしくお願い致します


そして現在、稲武では
「いなぶ旧暦のひなまつり」

b0220318_12121039.jpg

稲武直行バス「快速いなぶ」を使用すると
温泉券など2月末は特にお得なのだそう

今年の福寄せ雛もすごい!
テーマは「福寄せ村の仕事とくらし」
b0220318_12122411.jpg
この繭の機械も写真を見て
Iさんが作ったものだそうで、
Iさんのものづくりの凄さを
更に感じる日でした。

ひなまつり期間中、
どこかで桶茶が味わえるはず
(中途半端な告知・・・)
たぶん、3月19、20日です
詳細はまた。
どうぞよろしくお願いいたします!

NさんとMさんが御夫婦だと
初めて知る・・・おそっ、私












[PR]
by nakane-ya | 2017-02-19 23:11 | 桶茶(振り茶)

東海道松並木にて

b0220318_09435655.jpg
ちりゅう東海道松並木
野点茶席と茶店

茶店が並ぶ、いつもとは違った空間でした。
素敵な席がたくさん並びました。
さすが先生方!!!って感じです。
本当にすごいと思いました。
軽くないんです。
「ごだわり」が半端ないんです。
もっとゆっくりお茶を味わいながら
拝見したかったな。

b0220318_09250355.jpg

私は、大豆煎茶屋
江戸時代、尾張藩士 猿猴庵が描いた絵、
牛田村名物とある茶屋を模して。
実際に茶店があっただろう場所は、
すぐそこの位置。
そんな松並木の下で行いました。
秋晴れ、
行きかう人々、
色んな方々が立ち寄ってくださいました。
牛田村からすぐの場所で育つ
茶の木から番茶を作り、
ハゼの甘露煮と炒り大豆。

ちゃァまいと まめいりまいれ

江戸時代のものとは
違うものかもしれないですが、
ひとつずつ形にしていけたら。

たった二時間でしたが、
多くの方々とお話しができ、
楽しい時間でした。
この茶店を
楽しみにしてくれる方々がいること、
本当に嬉しく思いました。
こういったお茶、茶店には、
会話と気持ちが必要だと
改めて感じました。
良い勉強・経験となりました。
時間の関係で
お断りしてしまいました方々、
申し訳ありませんでした。
そして、
お立ち寄りいただきました皆様、
日頃よりお世話になっています皆様、
ありがとうございました。
そして、U先生、村瀬さん、先生方、
知立市文化協会の皆様、
いろいろとお世話になりました。
ありがとうございました。



できれば、
一日中やっていたかった!!
そして、まだまだ
泡を扱い切れていない・・・
同じお茶でも、
一瞬で泡立つ時と、結構振る時、
一体、何が違うのか。
泡との闘いは、まだまだ続く。笑



久しぶりの軽トラ運転
自分でも笑えてくる











[PR]
by nakane-ya | 2016-11-05 23:23 | 桶茶(振り茶)

明日は、松並木に!

b0220318_08161717.jpeg
明日はとうとう
ちりゅう秋の東海道松並木
野点茶会と茶店です!


いろんな席があって、楽しそう!
b0220318_17301184.jpg
いつもの松並木ではない!!
あり得ないところに、
大八車や、はざ掛け~
水の上に釜がかけてあるんだけど~
どんな席になるんだろ!?
さすが、野人の村瀬さん!!


私の席は、
尾張藩 猿猴庵が描いた
東街便覧図略にある
牛田村茶店「大豆煎茶屋」で
出されていたであろうお茶。
抹茶だと考える方も
いらっしゃるようですが
私は番茶と考えますので、
明日は、振り茶と
ハゼと大豆でお待ちしております!
一番西側です。
(都合上、11時半頃に撤収します)


「ちゃァまいと、まめいりまいれ」

b0220318_17284264.jpg
牛田村名物、大豆煎茶屋ですので、
できるだけ牛田町に近い場所の葉で!
まだ半乾き・・・やばい。


天気も良さそうです!!!
ぜひ知立散策を兼ね、
江戸時代の旅人の気持ちで
松並木を楽しんではいかがですか。

b0220318_17303636.jpg










[PR]
by nakane-ya | 2016-11-04 18:09 | 桶茶(振り茶)
b0220318_08161717.jpeg

とても楽しそうな企画!
知立市 東海道松並木にて
茶道・煎茶道の先生方による
趣向を凝らした茶店等が
あちらこちらに。
着々と準備が進んでいるようです。
内容を聞いているだけでも
ワクワクして、全て行きたい!


秋の東海道・ちりゅう昔を偲んで松並木
野点茶会と茶店

平成28年11月5日(土)
9時30分~15時頃
知立市旧東海道松並木緑道沿にて

※各茶店により茶菓子なくなり次第終了等、
終了時間が異なりますのでご注意ください


名鉄知立駅より歩ける距離です
付近に駐車場もありますが、
のんびり歩いてみてはいかがでしょうか。
だから味わい発見できるもの
ぜひぜひ、秋の知立を満喫して下さい!



因みに、私の茶店は
猿猴庵 東街便覧図略にある
東海道池鯉鮒宿の隣、
牛田村名物「大豆煎茶屋」を
再現というか模したというか、
振り茶だろうといわれるものです。
11時半頃には終了させていただきます。
どうぞよろしくお願い致します。


素敵な先生方と御一緒できる時間
本当に有難く思います。

文化協会U先生はじめ、皆様
萬屋 村瀬さん、先生方
ありがとうございました。

=====================

そして打ち合わせで隣の席に
なんと!
20代の頃、茶道でお世話になっていた
M先生!!

資料でお名前は拝見していたものの
実際にお会いできると
思っていなかったので
嬉しく、そして私のことを
ちゃん付けで呼んでくれます 笑
「元気だった?」
「娘です」って私のことを
言ってくださる先生、
本当にありがとうございます。











[PR]
by nakane-ya | 2016-09-28 23:55 | 桶茶(振り茶)

第一回桶茶講座

b0220318_20484242.jpg
稲武桶茶、講座?会議?

稲武桶茶今後について

今日、稲武桶茶の
淹れ方を定めました。とりあえず。

この3年、私が経験し、
組み立ててきたものを、少々お伝え。
お茶なので、
「こうでなければ」と、いうものはない!
と思っている常日頃ですが、
今後のことを考え
ある程度の基準・定義を。
これが良いのか悪いのか、
今のところ分かりませんが、
この場で、稲武の皆様と
稲武桶茶について
お話が出来ることを
本当に感謝したいと思います。

Tさん、すみません。
ただただ私は真剣なだけです。
桶茶恐怖症にならないでください(苦笑)

その後、Nさんの自家用茶を受取に
更に山の中へ
b0220318_20482617.jpg
昼間とは全く違う
今までに見たことのない景色と空気感
たまたま通る道ではないところ

この景色、とっても良い。
(この写真では伝わらないけれど)
そして私の後ろの傾斜地には
お茶畑が広がっています。

稲武の皆様、
今日も本当にありがとうございました。













[PR]
by nakane-ya | 2016-09-24 21:30 | 桶茶(振り茶)

熱い思いを語る時・・・

b0220318_18543339.jpg
夏の稲武と言えば、
私の中では、やっぱりこれ!

ブルーベリーのこみち さん
「ブルーベリースムージー」

これがあれば、
どんな夏の暑さにも、
どれだけ疲れていても、
かなり病んでいても(笑)、
元気になります。
本当なんです。

今日はこの後の桶茶会議??に向けて
気合い入れのために。笑
b0220318_19004971.jpg
今年も素敵なお茶に仕上がってきました!
ありがとうございます!!
そして
稲武大野瀬梨野の皆様とMさんと、
今後の桶茶について話し合い。
やっぱり涙が溢れてしまいます。
勝手に一人で桶茶復活と言い始めて4年目、
その間、色んな人に出会い、
たくさんの温かい言葉や気持ちなど
ひと言では言いあらわすことのできない
いろんなものを頂いています。
だから、桶茶に対しての思いを語ろうとすると
どうしても溢れてしまいます。
(涙を止めるスイッチを教えてください)

稲武の皆様、いつも
本当にありがとうございます。
今後ともどうぞよろしくお願い致します。













お茶の品質も大切だけれど、
でも私は、その周囲にあるものも
同じように大切だと思います。













[PR]
by nakane-ya | 2016-07-30 22:52 | 桶茶(振り茶)
b0220318_19043939.jpg
樹齢400年以上のスギの根本近くの肌
素敵すぎます。
こんなの見ながらぼーっと考えたい。

なんて、
今日の私はメラメラと燃えています!
どこにぶつけていいのか
このみなぎる桶茶パワーを!?!!!?!

ということで、
桶茶用茶葉作りで県境、
豊田市稲武地区大野瀬梨野です。
b0220318_19050840.jpg
4年目。はやい・・・
今年もこの景色を見ることができ、
梨野の皆様には本当に感謝いたします。
ありがとうございます。

そしてビックリなこと。
畑と集会所を行き来していると
向うからSGさんと女性二人。
すると一人の方が私を見て
「あれ?」
なんと先日の東邦ガス講座に参加くださった方!
しかもSGさんのお姉さんだったとは!!!
ビックリでビックリで。
何だかとっても嬉しい瞬間でした。
b0220318_19045560.jpg


焦っているわけでもないのだけれど
今年のデカスは、稲武のお茶をテーマに。
しかし何故か会場が稲武ではない。。。
自分で決めたのだけれど
何だか今だにしっくりこない。
稲武は遠いと以前より皆様の御意見。
(私的には1時間半はすぐなんですけどね)
なので、稲武ではなく別場所で。

でもしかし、でもしかしで。
やっぱり思ったことは、とりあえず。
がんばってみようと思います。
どうぞよろしくお願い致します。
b0220318_19063590.jpg
大野瀬神社 樹齢400年以上のスギ2本
なにか私に!!!!笑











[PR]
by nakane-ya | 2016-07-16 20:08 | 桶茶(振り茶)
b0220318_14271588.jpg
稲武 古橋懐古館駐車場のサクラ。

いなぶ旧暦のひな祭り感謝祭にて桶茶。
御祈祷の後、皆さまに味わっていただきました。今年もこの時期に桶茶ができることに感謝です。
b0220318_13381861.jpg
初めて見たという方がとても興味を示してくれこと、「桶茶飲みに来たよ~」って笑顔で言ってくれる人。
本当に嬉しいです。

で、今年のどんぐり工房福よせ雛のテーマは「学校生活」
毎回楽しませてくれる福よせ雛ですが、今回はまた感心するばかりです。
b0220318_14021751.jpg
T&Tコンビの発想の凄さ、広報とよたの表紙を飾った卓球、卓球台は桶茶茶筅を作ってくれているIさん作!そして、そろばんはAさん作!!本当に凄いです。楽しませてくれます!!!!
b0220318_14025090.jpg
で、ここでビックリなこと。
「なに~、中根さん九州行ったー?すごいね、見とるよブログ」と、Aさん。
どひゃ。
意外も意外、Aさんが私のブログをご自宅で見ててくれているとは、びっくりでした。Aさんは見ないだろうと昨年ブログに登場させてしまったじゃないか(汗)Aさんはこちら→
穏やかで楽しいどんぐり工房。Mさんは相変わらずのテンションでした!皆様、ありがとうございました。
(アトリさ~ん、居るならいるって言ってくださいよー 汗)

焦りながら支所へご挨拶。そして瑞龍寺へ。
b0220318_14242935.jpg
有名な枝垂れ桜は5分咲き程度。
ここへは何度か来ているのだけれど、なんと今まで気付かなかった、私の大好きなお茶の木があるではないか!!!!
b0220318_14045474.jpg
何故気付かなかったのかが自分でも不思議~。階段脇に3株ありました。もしかしたら石垣っ茶もあるんじゃ??なんて思い探したら、、、やはりありました!!
b0220318_14052269.jpg
雨の稲武。山々の景色がまたいいんです。もっとゆっくりと居たい稲武。
皆さまも是非ぜひ、稲武瑞龍寺の枝垂れサクラ→古橋懐古館へ桶茶道具一式コースを~















[PR]
by nakane-ya | 2016-04-04 23:54 | 桶茶(振り茶)

島へ、お茶旅3

b0220318_18141069.jpg
徳之島、お茶旅最終日。前回はこちら→
風はあるものの心地が良いです。先ずは、徳之島町立郷土資料館へ。
b0220318_17261782.jpg
ありました!桶二つ。茶筅はありませんでした。島に4つも桶が残っているって凄いです。だったら、稲武の桶茶だってもっと残ってるでしょって思ってしまいます。稲武の皆さん、蔵のなかを探してください!!!!!笑
徳之島町亀津というとことろでは、昭和までは絶対に行なわれていたはずなんですけど、その後受け継がれなかったのかなー。同じ徳之島でも振り茶の呼び方が違います。

最後は島を一周。車を走らせていると海が本当に綺麗なので。ぼーっと、この旅を振り返り、今後の決意?や日々への感謝などなど、でも慌ただしい日々に帰りたくない感有りの私でしたが、気持ちが前向きなのは確かでした。本当に色んな意味で徳之島へ来てよかったと思いました。
b0220318_18134570.jpg


b0220318_17382493.jpg


b0220318_17350254.jpg


徳之島まで来ると、自販機に「さんぴん茶」が並んでるんですねー。

空港へ向かいながら、反対側の海へ。
道路を走っていると面白いのがこの看板。
b0220318_18254231.jpg
何度か、牛に会いました!

b0220318_17413918.jpg
こちら側の海は晴れていても荒々しいので、やはり怖い。自分と闘いながら写真を撮る、撮る、撮る・・・怖いのに撮る理由が最終日にわかりました。風や波の音などは怖いのですが、浸食された岩が好きってことが分かりました。尖る部分はメレンゲで表現したくなり、穴の開いた感じのところは木板をルーターなどで穴あけしたくなります。

徳之島、本当に素敵な島でした。3月を逃したらきっと来年になってしまうと考え、空いていた3日間に詰め込んで本当によかった!!徳之島の皆様、本当にありがとうございました。色んな出会いがありました。徳之島で徳島県のKさんとの出会いもびっくりでした!素敵な茶縁です。
今度はサンルージュが綺麗に出揃う4月に、必ず。その時は長靴持って行きます(笑)


そして最後は、乗り継ぎの時間を利用して。先ずは空港で霧島茶をいただき、それから教えていただいた鹿児島空港から歩いてすぐの茶楽園さんへ。こちらはカフェスペースから茶畑が見えます。やぶきたはまだまだですが、ゆたかみどりが綺麗に伸びてきていました。許可を得て写真タイム。
b0220318_18014364.jpg


b0220318_18021423.jpg


b0220318_18023326.jpg
かわいいね。
全部の新芽が私の方を向いて「撮って、撮ってー」って言っているような気がしてきます。特にこの子!!!
b0220318_18225671.jpg
鹿児島溝辺のお茶は、4月中旬以降摘み採りがはじまるようです。

そして我が家には昨日、出来あがったばかりの蒼風新茶が届きました!青くて美味しい!!
(徳之島製茶さん、お忙しいところありがとうございました!)

ということで、エネルギー補給いたしました。4月からもお茶好き全開で!笑
がんばります!!!!!!

















[PR]
by nakane-ya | 2016-04-02 23:55 | 桶茶(振り茶)