カテゴリ:茶畑( 172 )

徳島で出会った茶の木

b0220318_02552933.jpg
徳島県那賀町
徳島市からバスで一時間半程のところ
田舎的茶畑感が凄くて
自分ひとりなら、ずっと
ぶらぶらしていたい場所でした。
反対側には、こんな茶の木
b0220318_02554660.jpg



この季節は、すぐに暗くなるため
茶の木をあまり見ることが
出来なかったのですが
翌朝、出発前に
Kさんから教えていただいた
名水「鳳翔水」や
阿波の茶会発祥の寺とされる瑞巌寺へ。

茶の木があると思わなかったので
見つけた瞬間から
「いたね~。かわいいね~」と独り言 
(病気だと思われても平気です 笑)

b0220318_02560975.jpg
紅葉の隙間から差し込む朝の陽ざし
朝露に濡れた茶の木が「おはよー」
と、言っているようにしか見えない
(何と言われても構いません!)

b0220318_02562503.jpg
なんとも素敵すぎな枝ぶり
連れて帰りたい

Rさんたちが来たら、独り言はやめます
でも時間ギリギリまで撮ります。

b0220318_02564029.jpg
ここだよーって呼んでくれます
(いいんです、これが私です)

b0220318_02572987.jpg
茶筅塚の脇から
こっちにもいるよーって
(大丈夫です)



出発し、四国八十八ヶ所
第一番札所である霊山寺へ

本堂脇の茶の木
b0220318_02550014.jpg
もっと何かに覆われていたのかな。
たまらない枝っぷりでした。


========================
どんなに身体が重くても
胃が苦しくても
茶の木を見るとやはりスイッチが。
お茶を飲まなくても
見ただけで血流が良くなる??
肩の力が抜け超元気になれます。笑

先日も、あれこれ話した最後に
「お茶の木が可愛いんです」
と言うと笑われましたが、
皆さん、茶の木をもっと見てくださいね
茶の木が皆さんに向かって
色々発していますから 笑

徳島県にはまた行きたいと思います。
皆様、ありがとうございました。
















[PR]
by nakane-ya | 2016-12-10 23:54 | 茶畑

こんなところへ!

b0220318_22212167.jpg
毎日がバタバタだったので、
バタバタ茶しに富山へ行こうと思って
あわあわしていたら、
徳島の阿波へ行くことに~~~
下山の皆様と御一緒させて頂きました!

で、うずしお

絶好のクルーズ日和
小潮であまり良くないとの事でしたが、
海が苦手な私でも見惚れっ放し
自然の芸術、再発見です。
b0220318_22243162.jpg

b0220318_22245676.jpg

b0220318_22300232.jpg
海面の段差が本当に不思議で、
氷が張ったかのような
静の部分もあれば、
動の部分とが入り混じり、
ずっと飽きさせません。

b0220318_22304194.jpg

で、この子にもやられました!!!

b0220318_22314550.jpg
カモメ
可愛さと綺麗さと
順番待ちするかのように並ぶ姿に
撮りまくりました 笑
b0220318_00105057.jpg



で、本題。

徳島と言えば、
魅力的なお茶がいくつかありますが、
今回は、茹でて揉んで、漬け込むお茶
b0220318_22442020.jpg
M田さんの案内で那賀町へ

私のワガママで道具を見に
寄り道していただきました
感謝感謝です。
b0220318_22320079.jpg
漬け込む桶
想像以上に大きかったです
b0220318_22321617.jpg
そして、これがどうしても見たかった
舟形の茶摺り機、感動です。
b0220318_23482450.jpg

その後は農家さんのところへ行き、
晩茶を味わい、お話をお聞きし
実際に使っている道具や
選別作業など見せていただきました
貴重でした。
実際に見なければわからないこと、
阿波晩茶といっても
知れば知るほど
地域による違いや謎、魅力。
本当に素敵で貴重な時間でした。
Nさん、ご家族の皆様
ありがとうございました。

======================
楽しい夕食後は、
今年3月に奄美徳之島でお会いした
徳島の素敵な人、Kさんと!
徳島に行くけどお会いできない事を
前日にメールしたのですが、
お忙しい中、
お仕事帰りのお疲れのところ
わざわざホテルまで来てくださいました。
本当に嬉しいです。
そして、予定外!?に
皆で徳島ラーメン有名店
「東大」へ行くのですが、
このお店の味決めまで
Kさんは関わっているというのだから
凄すぎの枠越えです。
もう理解できません!!!笑
阿波のお土産まで頂きました。

Kさん!
本当にありがとうございました。



下山の皆様、
今回もお世話になりました。
ありがとうございました。

たくさんの感謝、書ききれない。



しかし、これだけは
妙に好きな写真なので載せておこ。
おこられるかな 笑
親子の年の差ですが、
何故か夫婦に見えてしまう。
b0220318_23283702.jpg






この二日間は、本当にのんびり。
胃だけが苦しくて苦しくて。
本当に辛かった 笑
















[PR]
by nakane-ya | 2016-12-09 23:58 | 茶畑

東京生まれ

b0220318_06090904.jpg
届きました!
「実生松川1号、2号、3号」
嬉しくて可愛くて仕方ない!!
なんでも枯らしてしまう私ですが、
しっかりと育てますよ。

それにしても、予想に反した梱包
開けた瞬間「なにこれ」って
思わず言ってしまったけど、笑
お茶のことを考えてくれてか、
お茶の木が宙に浮いた状態で
ビニール紐を使ってしっかりと固定。
しかも、このしっかりさで
鋏を使用せずに紐を解くことが出来るという
細かい仕事っぷり、優れたくくりよう。
さすがの器用さです。
そして根元には苔とキッチンペーパーで
これまたしっかりと。

うれしいね。

Mさん!超お忙しいところ
本当にありがとうございます!!!
観察日記、毎日送りつけるね。笑
今度はトルコあたりの情報お待ちしてます。














[PR]
by nakane-ya | 2016-12-04 23:55 | 茶畑

おめでとうございます!

b0220318_05151220.jpg

今日は、こんなところへ

豊田でこのお二人を知らない人は
いないのではないかと思う
有名なお二人の結婚式

茶畑のなかを歩くお二人。
すべてが手作り。
挙式、披露宴、会場設営から食事まで
どこを見ても
ひとつひとつ関わりのある方々のもの
乾杯のグラスには、
抹茶orまっちゅう
テーブル席が品種名だったり、
いろんなポイントでお茶が使用され
見どころ満載でした!
招待状からWeddingGiftまで
デザイナーである咲姫さんが手掛けたもの
こんなところまで!?ってくらい
細かな部分までも。
徹底したオリジナル、
本当に気持ちがいいです。

とても素敵な時間を過ごしました。
ありがとうございました。



龍樹さん、咲姫ちゃん
おめでとうございます!!!














[PR]
by nakane-ya | 2016-11-19 23:23 | 茶畑

闘い&癒し

b0220318_17261063.jpg
今日は、こんな場所でお茶と闘う

b0220318_17273713.jpg
こんなんだったり、

b0220318_17282704.jpg
たのしいね。



闘っていると、目に入ってくるのが
b0220318_17513705.jpg
落ちる寸前のお茶の実

b0220318_17303426.jpg
とても魅力ある姿、かたち。
そして、背景

b0220318_17335513.jpg
つぼみは、ふわふわで
花びらの白さに癒されます。

b0220318_17324378.jpg
選別後、意味も無く並べる
付きすぎの、つぼみ。
たまらなく、かわいいのです。


====================
酷い頭痛であっても、
お茶のことはできてしまう
都合の良い頭痛・・・

かなり、道から外れてしまったけど。
間に合うのかな。
ダブル&3連・・・闘いの11月 笑


翼が欲しい、がんばっとこ。











[PR]
by nakane-ya | 2016-11-03 17:54 | 茶畑

紅茶を追っかけて、鳳来

b0220318_08534917.jpg
紅茶を追っかけて、鳳来の豊田茶園さん!すぐ隣は静岡引佐。天気もよく、周囲の山々が綺麗に見えて気持ちがいいです。
b0220318_08542554.jpg
少し目線を低くすると、お茶と山と空だけ!!!!!!!!!!!たまらないです 笑

4年ぶりの畑。太陽の光をガンガン顔面に浴びながら、豊田さんと紅茶のお話をさせていただきました。紅茶を作り始めた年、紅茶の作り方が書いてある用紙を見ながら作った(笑)という豊田さんですが、自然の甘味が高く評価されるなど、その年から鳳来紅茶ファンが!
ある方が自家用茶の加工をお願いに豊田さんの工場へ生葉を持ち込んだ際、その生葉からその茶畑の状況を当てた話もある豊田さん。「臭覚が鋭いのでは!?」とお聞きしても、「生産者なら誰でもわかると思うけどね、臭覚はそんな・・・」と。生まれ持ったセンス?いや、カレー好きだからスパイスによって脳がインド人より!?笑
今後も、もっと自然の甘味を引き立てた紅茶を作りたいという豊田さん、お忙しいところ有難うございました。大海からの紅茶の香りは、とても贅沢な瞬間でした!



b0220318_08544203.jpg
そして、豊田茶園さんの、こぼれ話。
豊田茶園さんのお店の建物には、もちろん「鳳来茶」の看板(この看板も渋くて素敵!)もありますが、2階部分にカタカナで「トラソク」の文字。トランクにも読めてしまう、これ。実は、茶業の前は運送業で、トラックの「ツ」の点がひとつ取れてしまったものだそう。だからその横には「営業所」とあるんですね!
気になる方は、ぜひぜひ今秋、紅葉を楽しみながら鳳来へ。そしてこのトラソクを見てください!


===============================
ということで、今回の「紅茶を追っかけて」
時間切れで終了。
色んな畑で、多くのことを学ばせて頂きました。
皆様、お忙しいところ御協力いただき本当に有難うございました。











[PR]
by nakane-ya | 2016-10-27 23:52 | 茶畑

紅茶を追っかけて、額田

b0220318_10320109.jpg
この写真からは、この地域の素敵さが全く伝わらないのですが、旧額田、すぐそこは、くらがり渓谷。現在は岡崎市で、新東名岡崎東から少々。
以前は、山々や川にキョロキョロしながら運転をし「すご~い」なんて言いながら山道を楽しんだのですが、新東名を使ったらキョロキョロが短く、あれ!?山に来た実感薄い・・・笑。しかし、何年ぶりかの宮ザキ園さんにワクワクしながら、お二人のところへ~
b0220318_10393586.jpg
相変わらず、カッコよく美しすぎるお二人!
試験場時代、ダージリンから来られたインド人のお話に感銘を受け、その考えを今だ持ち続けお茶を作る宮ザキ園さん。だからか、個性があり、そしてその個性を好むファンが多いです。「紅茶ではなく発酵茶を作っているんだよ」その考え聞いていて気持ちがいい。
そして、私が以前におじい様とお茶作りさせていただいた時のブログの話をしてくださいました。そんな風に話をしてくださることが本当に嬉しいです。
見た目が都会的で芸能人(表現が幼稚・・・笑)、色んなところで御活躍されていますが、お二人の心は、山々の緑、川の音がとても似合う方々だと改めて感じました。梅村さん、紘子ちゃん、お忙しいところ有難うございました。特に紘子ちゃん!今だ薪!!すごいよね。キウイ、こんにゃくの気持ち嬉しすぎです。これからも、外見と内面のギャップ(そこが好き 笑)を活かして頑張ってください。

色んな表情のお茶が~
b0220318_11000710.jpg


b0220318_10593003.jpg


b0220318_10584391.jpg


宮ザキ園さんに来て、違った空気を吸うことが出来ました。
気持ちを綺麗に整頓し、入れ替えることが出来ました。
ありがとうございました。
b0220318_10385058.jpg










[PR]
by nakane-ya | 2016-10-26 23:30 | 茶畑

紅茶を追っかけて、新城

b0220318_05255180.jpg
気持ちの良い畑です!
日差しが痛いくらい。

紅茶を求めて、新城 白井茶園さんです。
畑にも生産家さんの
性格が出るという事を最近感じます。
b0220318_05260955.jpg
つやつや、いきいきとしていて
かわいいね~

時間を忘れ、畑で講義!!!
これが楽しすぎなんです。
実際に見て教えていただくことは
理解しやすく、
思いもよらない足跡などからは
ほんの一部ですが、
苦労している部分が見えてきます。
b0220318_05262326.jpg
白井さん、奥様、お忙しいところ
ありがとうございました。
遅刻、別場所、長居ですみません。
でも、白井さん御夫婦やご家族のあり方は
いつ聞いても素敵だと思います。
私は娘さんを勝手に応援します!笑



そして午後は、一藤園さん!
b0220318_05264981.jpg
 
お茶のことなら何でも聞いて!
という、藤原さんです。
毎回、丁寧な対応をしてくださいます。

ほんの少し走って着いた茶畑は、
木々が周りを囲い、
車の通りから離れ、
物が溢れる場所とは違う、
気持ちの落ち着く場所でした。
b0220318_05270896.jpg

右を見ても、左を見ても
大好きな茶畑で、そして
藤原さんのお話は、
癒しのヒトトキでした。

藤原さん、ありがとうございました。
b0220318_05280871.jpg

今年の気候に、この季節でも
葉が成長していて
かわいさがモリモリでしたが、
その気候と付き合い
茶を作り続ける農家さんの仕事は
まだまだ私には知らないことがたくさんです。

今回も教えていただいたことが
本当に盛りたくさんでした。
贅沢な時間を過ごしました。
ここに書きたいことがありすぎて
ありすぎて書ききらない!!!

=========================

でもやっぱり、少しでも。
自宅茶畑計画始めよう。












[PR]
by nakane-ya | 2016-10-21 06:02 | 茶畑

紅茶を追っかけて、女子

b0220318_04510363.jpg
紅茶を追っかけて、モリモリな一日。
幅広いお茶作りをされる、
新城作手 鈴木製茶さんです。

工場と畑が離れていたため、
二日にかけて訪問。
初日は小学校の紅茶作り体験での
紅茶乾燥時に伺ったのですが、
生徒の紅茶ひとつひとつが
混ざらないように
分けて乾燥させるという
心優しく
私より女子的?な克也さんです。
畑では、べにふうきを手摘み。
さすがです。

克也さんには、
もっと自分を出した紅茶作りを
して欲しいと強く願います!!!

「88」の裏話はウケました。
でもその気持ちは良くわかる。
遅刻・放置にもかかわらず、
丁寧な対応をしていただき、
本当にありがとうございました。




そしてその後は、
新城癒し系Aさんと長篠にあるカフェへ。
b0220318_04513360.jpg
hana*sweetsさんです。
カフェといっても1坪のみ!
基本お菓子販売とカフェで
予約です。
でも、この小ささは
女子には堪らない空間です。
お菓子も地元食材を使用し、
チマチマして可愛らしく、
しかも美味しい。
鈴木製茶さんの焙じ茶を使用した
お菓子も作ってみえます。
ドリンクも、ほうじミルク。

色んな想いが詰まったお菓子
花sweetsさん、ぜひぜひ。
Aさん、Hさん、ありがとうございました!




色んな人が、色んな想いで作るもの。
いいよね。
b0220318_04511607.jpg









[PR]
by nakane-ya | 2016-10-14 05:35 | 茶畑

紅茶を追っかけて、設楽

b0220318_05560706.jpg
田峯ーーーー!久しぶり。
「だみね」
という響きが、何故か好きです。
時間ギリギリに到着して、
でもこの景色だけは~と撮ったので、
この写真に伝わる素敵さはありませんが
雨上がりの田峯は
大きく空気を吸いたくなります。

一昨年前、試験場でお会いした際、
紅茶を作ろうかと・・・と
仰っていたにもかかわらず、
アンテナが向いていなかった私。
田峯は昨年より紅茶を作っています。


組合長さん、Mさん、Gさんと
御一緒させていただき、
紅茶作りの話など楽しいヒトトキ。
柔らかい紅茶の香味からは
想像できない、
きちっと事細かな管理のもと
作られていてビックリしました。
色んな考えをお持ちです。
そしてこの環境で作る紅茶、
今後どんな紅茶になっていくのか
とても楽しみです。



b0220318_05562729.jpg

畑を見せていただいた後、
お昼を御一緒させていただきました
b0220318_05565462.jpg
八雲苑さんでは、田峯の荒茶を
自分で淹れるスタイルです。
生産者に淹れていただける贅沢。
こちらの五平餅は
お米の粒が残っていて、
口に入れると、ほろほろと。
初めて感覚でとても美味しかったです。

田峯の皆様、お世話になりました。
感想をきちっと文字にして送ります。
(あんな凄いデータ取り、私には無理 笑)





そしてその後は、こちらも久しぶり!
東栄町です。
田峯からの道には、色んな所に
色んな表情のお茶がありました。
(また時間のある時に散策しよ
と自分に言い聞かせ 笑)
b0220318_05570846.jpg
この環境なのに、
山道、結構車とすれ違います。
名古屋ナンバー・・・すごい!
みなさん、蕎麦を食べに。


おもてやさんです。
b0220318_05572371.jpg
ここ、おもてや茶禅一さんには
私の好きが2つ揃っています!
お茶と蕎麦!!

紅茶は雲上紅茶という名前。
そしてここに、愛知県民でも
遠いというこの場所に
イギリスからわざわざ紅茶専門家が
おみえになっているのだから。
最近は雲上紅茶も
ロンドンで販売されているとのこと。
どんな風に販売され、どんな方々が
どんな風に飲んでいるのか見てみたい!


=========================
イギリス・・・
毎日毎日、紅茶関連の場所ばかり、
アフタヌーンティーばかりの旅に、
一緒に行った友達が
「たまにはコーヒーが飲みたい!」
と、怒られた以来(笑)
行っていないな~
=========================


お話を伺いながら、
風景はほとんど変わっていないけれど、
おもてやさん も、田峯も、その他も
色んなお茶が、色んなものが
変化?進化?していて、
時間の経過というか、
なんと表現してよいのか、、、

紅茶を追っかけながら、
自分を振り返ることができ、
皆さんのお話から刺激をいただきます。

とにかく、ほどよく。
楽しくお茶を。



おもてやさん、3連休のお忙しいなか、
ありがとうございました。

でも、悔やまれる。
かなり悔やまれる・・・
蕎麦好き、
おもてやさんの美味しい蕎麦を
美味しい蕎麦、
美味しい蕎麦だから
食べられなかったことに
かなり落ち込む。












[PR]
by nakane-ya | 2016-10-13 07:00 | 茶畑