東海道松並木にて

b0220318_09435655.jpg
ちりゅう東海道松並木
野点茶席と茶店

茶店が並ぶ、いつもとは違った空間でした。
素敵な席がたくさん並びました。
さすが先生方!!!って感じです。
本当にすごいと思いました。
軽くないんです。
「ごだわり」が半端ないんです。
もっとゆっくりお茶を味わいながら
拝見したかったな。

b0220318_09250355.jpg

私は、大豆煎茶屋
江戸時代、尾張藩士 猿猴庵が描いた絵、
牛田村名物とある茶屋を模して。
実際に茶店があっただろう場所は、
すぐそこの位置。
そんな松並木の下で行いました。
秋晴れ、
行きかう人々、
色んな方々が立ち寄ってくださいました。
牛田村からすぐの場所で育つ
茶の木から番茶を作り、
ハゼの甘露煮と炒り大豆。

ちゃァまいと まめいりまいれ

江戸時代のものとは
違うものかもしれないですが、
ひとつずつ形にしていけたら。

たった二時間でしたが、
多くの方々とお話しができ、
楽しい時間でした。
この茶店を
楽しみにしてくれる方々がいること、
本当に嬉しく思いました。
こういったお茶、茶店には、
会話と気持ちが必要だと
改めて感じました。
良い勉強・経験となりました。
時間の関係で
お断りしてしまいました方々、
申し訳ありませんでした。
そして、
お立ち寄りいただきました皆様、
日頃よりお世話になっています皆様、
ありがとうございました。
そして、U先生、村瀬さん、先生方、
知立市文化協会の皆様、
いろいろとお世話になりました。
ありがとうございました。



できれば、
一日中やっていたかった!!
そして、まだまだ
泡を扱い切れていない・・・
同じお茶でも、
一瞬で泡立つ時と、結構振る時、
一体、何が違うのか。
泡との闘いは、まだまだ続く。笑



久しぶりの軽トラ運転
自分でも笑えてくる











[PR]
by nakane-ya | 2016-11-05 23:23 | 桶茶(振り茶)