栃木旅 つづき

前回はこちら→

益子から次に向かったのは那須烏山という場所。宿泊先でたまたま見た雑誌に掲載されていた那須野紅茶。とても気になるので他に行きたかった場所は諦め、ここ一本に絞り込み。しかし、電話しても連絡とれず、不定休、宿泊先の人に聞いてもわからない、ナビに電話番号を入れても周辺までの案内・・・でも茶畑だけでも見たいから~なんてナビを頼りに車を走らせ約1時間。益子から那須烏山までも至るところにお茶の木はありました。でも茶畑は全く見当たらず・・・・適当に走っても見当たらず・・・・帰り時間も迫ってくるので電話してみると!!!やった!繋がった!!!ということで、絶対わからない細い道を入って到着。
b0220318_22570696.jpg
ここは緑茶の生産はなく、紅茶のみ。突然にもかかわらず色んなお話をしてくださいました。試飲もたくさん、ブレンドしたてのサクラ紅茶は強くなく、茶葉を引き立て余韻にサクラ。温かい皆さんと、しかも栃木県でこんな時間を過ごせると思っていなかったので、響きまくりです。
b0220318_23020132.jpg
そして畑も案内してくださいました。適当に車で走っても見つけられないわけです。川を越えて車で10分程度山の方へ。民家も古く時が止まったかのような場所でした。会う人も穏やかで、「ここの人たちは皆いい人たちばかりだよ」と、Sさんが教えてくださいました。すぐ向うは茨城県大子町「奥久慈茶」。茶の生産地北限といわれる場所でもあります。夕方4時の風は本当に冷たかったです。
b0220318_23111940.jpg
真っ直ぐで正直なお茶づくりをされていると感じました。自分がとても恥ずかしくなりました。この時期にここに来てお話を聞き、多くのことを乗り越え、嘘の無いお茶作りに、そして茶畑からエネルギーをもらい、気持ちがいっぱいいっぱいになりました。何も出来ない自分が甘えている自分が小さなことに悩む自分が本当に恥ずかしく思えました。ここに来て感じたことを忘れず、色んな出会いを大切にしていきたいと思いました。


色々なことを考えさせられる2日間でしたが、良いお茶旅となりました。定期講座日にもかかわらず、東京で認定式という私のワガママを承諾していただきました会員の皆様、ありがとうございました。益子お茶の木・宿泊先情報をいただきましたMさん、ありがとうございました。お蔭でとても素敵なお茶、人、場所に辿りつくことができました。そして烏山製茶工場の皆様、お忙しいところ突然にもかかわらず本当に有難うございました。感謝感謝、本当に感謝感謝の2日間でした。

















[PR]
by nakane-ya | 2016-03-14 23:54 | 茶畑