暖かな、温かな。


b0220318_06222539.jpg
農家さんのところへお茶を受取に行き、その帰り、ふらふらと。
畑仕事をするお母さんがいたので茶の木の写真を撮ってもいいかと尋ねると、奥の方からならいいよと、わざわざ道をあけてくれます。
b0220318_06201705.jpg
自家用茶のみの茶畑。
b0220318_06175815.jpg
傾斜地、大きな木の下の作業は本当に大変そうです。
畝間を歩く時、刈り落とされた葉のシャクシャクとした音がたまりません。
b0220318_06213109.jpg
私の肘位置くらいのボタの茶の木。草刈で何度も刈られても生えてくるクシュクシュ感や、
b0220318_06211924.jpg
隙間からでてくる感じが大好きです。
b0220318_06224330.jpg
「大根持っていき、気を付けて帰りなよ」って。
色んな話をさせていただき、和みの時間。標高600mくらいの山の中でもポカポカな12月、急かされるものはなく(本当はあるけどね)のんびりとした時間でした。お母さん、畑仕事の手を止めてしまいごめんなさい。でも楽しかったな。



それから、夕方に嬉しいメール。
ブログをみて、心に響いたよって。
???
毎回ふざけたこの覚書ブログ、どこに心響くところがあるのか疑問ですが、
私にはsanaらしい優しい言葉が心に響くよ、ありがとね。


















[PR]
by nakane-ya | 2015-12-03 07:01 | 茶畑