デカス、ありがとうございました

b0220318_22394217.jpg
デカス、今回は長文です。読みづらいこと間違いなしの覚書です。

前日は大雨、到着まで雨、準備を始めると雨は上がり、焼き茶担当のYさんに「どうするだ」と聞かれ、「今からはもう雨は降らないので外で焼き茶お願いします!」なんて雨が上がるなんてわからなかったけど、焼き茶は室内のガスでは意味がない。でも、間もなく神社に朝日が眩しくあたるという出来過ぎた天気、ウソのような状況ですが、山の中で朝日を浴びる神社、火の香り、湿った木々の香りは理想の会場となりました。
豊田市街地からでも車で1時間かかるこの山中の茶会に多くの人が参加してくれました。西尾市から静岡に行く前に寄って行くとかなりの遠回りで来てくれた人たち。仕事前に来てくれたり、高速出口を間違えて瀬戸まで行ってしまった人たち、ナビに任せたら迷って2時間かかった人たち、足助の渋滞に巻き込まれ疲れ切って来てくれた人、忙しいのに親子で来てくれた人たち、吉良から来てくれた人、雨だから行けないと連絡があったのに高速で2時間以上かけて来てくれた常滑の大御所、あの時のお父さん、いしかわ製茶龍樹さん・Sちゃん・姉ファミリー、ブログでこの椅子に座ると決めてきた人、若いのに杖をついてまで来てくれた人、チラシを見て来てくれた人、地元の方々、下山茶組合長、藤沢茶園さん、そして副市長、デカスの皆様、などなど本当にありがとうございました。
地元の方から「よくやってくれたね、次回もよろしく」「おめでとう」と言っていただいたときは本当に嬉しく安心しましたが、まだまだまだまだなのも勿論十分わかっています。今回も多くの事を学びました。次の目標もできました。今回のデカス、前回以上に色々とありました。本当に皆様に感謝するばかりです。

そして、今日は最終撤収日。この人にお茶を味わっていただかないとデカスは終われません。当日はどうしても来れなかった和合組長の冽さんです。今回本当に色々と動いていただきました。感謝しきれないほど動いていただきました。
b0220318_23181373.jpg
作業は陶芸家の山崎さんにも手伝っていただき、すぐに終わりました。
その後は皆様にご挨拶。Yさんご夫妻に「先日は・・・」なんて言い始めたら、ここで涙が出ちゃいました。見苦しくボロボロ泣きながらご挨拶。稲前さんとこでも。稲前さんは参加者に聞かれた時のために地元和合の勉強をしてくれていたのだとか(これ以上!?笑)Nさんのところでもオイオイと。かねちゃんには平常心を取り戻してから伺ったので泣かずにすみました。最後は雨乞いの神様 田螺神社へ。田螺は桶に詰めていないけど、茶会も終わったので雨を思う存分降らせてくださいね!と。ここの昔話、5つの田螺を桶に詰めると「ゴシャゴシャ」と雨は降り、9つ詰めると「クシャクシャ」と降るそうです。

本当に色んなことがあった「限りないお茶の魅力Ⅱ」、ありがとうございました。
b0220318_07385114.jpg

長い読み辛い・・・仕方ない。覚書

Kさん、青山二郎だっけ?









[PR]
by nakane-ya | 2015-11-17 23:41 | デカス・プロジェクト