茶ノ木稲荷

今回は、こんなところ。
もちろん、チャの木のある場所です。
b0220318_11372378.jpg
b0220318_11531357.jpg
かなり急な階段脇にチャの木はあるのですが、ドクダミと笹で覆われているような状態・・・・
新宿区市谷にある茶ノ木稲荷神社です。
b0220318_11383178.jpg
眼病にご利益があるといわれているところです。その昔、茶ノ木稲荷神社にいた神のお使いである白狐が、誤って境内のチャの枝で目をついてケガをし、境内の霊泉で目を洗うと治ったという伝説からだそう。その後は、正月三ヶ日はお茶を飲まない、または眼病の人は一七日、三七日、七七日の間、お茶を飲むことを断って願掛けしたようです。現在ではお茶を絶つのではなく、その期間分お茶の量を各々が決め奉納しているとのこと。ただ、文献が無いため伝説であり、周囲にあるチャの木も後付けのようだとお聞きしました。そして独り言・・・・茶の木稲荷神社で、チャの木を植えたのなら、もっと木に目が向くようにしてほしい・・・・あくまでも独り言です。うるさい私。



そして今日は西尾へ。
5月の西尾茶ツアーの反省会です。
色んな人たちの地元に対する熱い思い、言葉に、涙が出てしまうところでした。本当に。
ただ、そんな場所で泣いていたら、アホチン丸出しなので、別のことを考え(失礼な話ですみません、でもそうでもしないと、ヤバかったので・・・・)、堪えました(笑)
「これが西野町の香りだ」
「西野町を誇りに思えた」
「庭木と同じように考えれば・・・・」など、書き記すだけでは何のことか分からないのですが、こういった言葉が山ほどあり、なんとも言えない、前向きな気持ちになりました。この場に参加させていただいたこと、本当に本当に感謝したいと思います。皆様、ありがとうございました。西尾茶ツアーは是非続けてほしいと思います。
b0220318_12139100.jpg
素直な気持ちで「がんばろ」と思える時間でした!
[PR]
by nakane-ya | 2015-07-01 12:20 | その他