武州茶!?

b0220318_151735100.jpg
すごい人がいて、お茶に興味があるわけでもないのに、魚や食べられる植物が好きとかで、本当に色んなことをよく知っている人がいます。こんな場所にチャの木が一本だけ生えていることを普通の人は気付かないのだろうけど、この人は通った時に見つけ、教えてくれるのです。Mさん、ありがとうございます!
b0220318_1518559.jpg
ここは下北沢。茶沢通りから一本入った教えてもらわなければ絶対に通らない遊歩道。本当に一本だけチャの木がありました。周囲にチャの木は全くなし。明治時代、この辺りは茶畑で、当時はアメリカなどにも輸出するほどだったよう。この一本が当時のものだとは思わないけれど、もしかしたら、まだ探せば当時のものがあるのかも。「武州茶」と呼ばれるお茶、もう少し何か知りたい。世田谷代田にある齋田美術館のチャの木も、もっと知られていても良さそうなのに。ここのはきっと当時の木。アッサム種?なのかな。昨年、齋田美術館でこの木を見つけた時は本当に「助けて~楽しすぎる~」と。その後、朝日新聞でも取り上げられていましたが、もっともっと多くの人たちに知ってもらった方がいいのにと。
b0220318_15385259.jpg
世田谷のお茶、もう一度。




お茶に関係ないけど、今日の嬉しいこと覚書
銀行で、振り向くと私を見て微笑む人が。
小学2年の担任S先生。
ちゃんと私の名前を呼んでくれる。
「基本変わってないから分かるよ」って。
うれしいね。小2に戻った気分(笑)

[PR]
by nakane-ya | 2015-06-26 21:31 | 茶畑