茶和や香(34)、六鹿茶遊会(23)

b0220318_19263258.jpg
新芽の緑と雨を十分に吸い込み黒々とした幹を、古民家から眺めお茶をすることは私の好きな時間で、慌ただしく準備をし、皆さまをお迎えするまでの少しの時間にお茶とお菓子。お菓子を黒文字でいただくのではなく、手でパクッと食べるのがまた美味しいのです。(ケーキは箸で)

今回も皆さま、楽しいひとときをありがとうございました。そして御馳走様です。
Mさん、写真ありがとうございます!気付けば、午後の部も4年目に入りました!

春キャベツと桜茶、茶殻添え(みそドレ)、お気に入りのひとつです。
桜茶の塩分に味覚はやられますが・・・・・・(塩に弱い)
[PR]
by nakane-ya | 2015-04-14 19:33 | 講座